【対策】不合格者が強気に語る東大文系数学勉強法

この記事を書いた人
4363975941826
執筆者:レンタ

早稲田大学文学部1年

ブログ:レンタメ

僕は今、早稲田大学に通っていますが第一志望は東京大学でした。
模試ではB判定も獲得していましたが結局二次試験で東大は不合格。

東大は試験終了後の点数開示を行っています。
不合格ではあったものの合格点のものも多く、その中でも驚いたのは数学の点数。
なぜ驚いたかというと、僕は数学が大の苦手だったにも関わらず合格点を獲得していたからです

なぜそんな挽回を見せることができたのか。
今日は僕の東大数学勉強法を紹介します。

東大数学の特徴と対策

東大数学の問題構成

東大の文系数学は全部で4問
1問20点で合計80点です。

出題される問題は年度によって様々ですが頻出と言えるのがこの5つです。

  • 微分・積分
  • 確率
  • 整数
  • 図形と方程式(領域の最大最小など)
  • 漸化式(確率・整数との複合問題)

漸化式はそれ単体ではなく確率や整数の問題の最後の小問といった形で出題されます。これらの頻出分野が攻略できれば東大文系数学の攻略に直結します!

東大数学の試験時間・時間配分

試験時間は100分です。
その間に4問を解くので基本的には1問につき25分かけられるという計算になります。

でももちろん全てを完璧に解く必要はありません。
東大文系数学の合格点は50点、目標は2完半(2問完答1問半解)と言われています。

一問全く手がつけられない問題があったとしても他の問題が取れていれば大丈夫ということ。また僕の場合は1問完答3問半解を狙っていました。

要するに1問25分と考えるよりも解き切ることができる問題にはより多くに時間をかけるべきだということ。なので完答できそうな問題には30分ぐらいかけ、残った時間であとの問題の部分店を拾うという時間配分をオススメします!

東大数学の勉強法

東大数学は得意分野を探して攻略

先ほど書いた通り、僕は数学が嫌いでとても苦手でした。ですが苦手と言っても数学全てが苦手というわけではなく、確率や数列の問題はそこそこ得意でした。

東大を受験すると決めた時、今さらめちゃくちゃ苦手な図形問題に時間をかけるよりも比較的得意な分野をより得意に、そして合格するための武器になるように勉強した方が効率的だと考えました。

何度も言いますが全ての問題を解ける必要はなく、合格点を取るために解くべき問題を解けばいいんです。自分が得意だと思う分野を重点的に勉強して「この分野は解ける!」という自信を持てるようにしましょう。

得意分野ができれば数学に対しての苦手意識が消えていきます!
そしてここでオススメしたいのが微分・積分の問題を得意にすること。

そもそも文系の微分・積分の分野自体あんまり難しくないですが、それに加えて東大の微積は簡単です。「こんな問題、東大入試に出していいのか?」というような問題が多々出題されています。
東大数学合格点を取るための足がかりとして、微積の問題で点数を取れるように頑張りましょう。

東大数学は得意分野をどんどん伸ばして攻略

さっきの続きですが、得意分野が見つかればどんどん伸ばしていきましょう。そのために使うべきなのが分野別の参考書。

僕が好きなのは中経出版の「〇〇が面白いほど解ける本」シリーズ。

その中でもオススメなのが坂田アキラさんの著書です。
確率、数列、微分積分などをやりこみました。

参考書全体が先生の独特な絵で飾られていてふざけた雰囲気が漂っていますが説明はめちゃくちゃわかりやすいし、深いところまで掘り下げてくれています

一冊やり遂げれば得意分野が受験における本当の武器になることまちがいないでしょう。

東大数学は基本を徹底的に

東大というとやっぱり難しい問題をたくさん解かなきゃならないんだろうなと思うでしょう。
でもむしろ東大は基本を重視しています。
東大英語でもめちゃくちゃ難しい英単語が出にくいように、東大数学でも基本を重視する傾向にあります。

確かに簡単には解けない難しい問題も出題されますが、基本さえ分かっていれば簡単に解けてしまう問題も出題されます。

なので教科書に書いているような内容を徹底的に勉強することで点数は確実に上がります。
僕は基本問題はこちらの「新課程チャート式基礎からの数学1+A」で勉強しました。
通称青チャートですね。

十分に基本問題が練習できるのと解答解説がとても丁寧なのが最高ですね。

すぐに解けた問題はもう解かなくてもいいですが、少し迷ってしまった問題、解けなかった問題は解けるようになるまで何度もやり直しましょう。

もし青チャートの解説で理解できない箇所があれば、スタディサプリ を使ってカバーしましょう!
授業形式の学習法は時間はかかりますが、理解の促進は参考書よりも断然高いです。
スタディサプリは単元別に細かく授業がわかれているので、自分のわからないところだけをピンポイントで潰していきましょう!
特に数学を担当する山内恵介先生は「数多くの数学アレルギー者の蘇生術に成功」と紹介されているだけあって、授業のわかりやすさは天下一品です。




東大数学は難問に粘る練習を積もう

冒頭にも書いた通り簡単な問題を解くだけでは少し合格点に届きません。
難問で部分点を取る必要があります。難しいですが粘ってとにかく書く。

そのために難問に粘る練習をしておきましょう。
それに適した参考書がこちらの「文系数学の良問プラチカ」です!

文系難関校への対策参考書としてめちゃくちゃ有名なこの参考書。

内容はかなり難しいですがこの難問たちに少しでも粘る練習をすることで部分点を狙えるようになるはずですし、あわよくば同じような問題が出て完答も狙えます。

 

 

東大数学過去問対策

東大では過去問を踏襲した問題が頻繁に出題されるので、過去問対策はめちゃくちゃ大切です。過去問対策は通常どおり赤本を使ってもいいんですがイマイチ解答解説が親切じゃありません。

なので僕はこの「世界一わかりやすい 東大の文系数学 合格講座」を使ってました。

文系受験生に向けた参考書だけあって、文系が持っておくべき必要十分な能力を身につけさせてくれる一冊です。
解法に至るまでのプロセス(考え方)がとても丁寧に解説されていて数学が苦手な人にもわかりやすいです。

解き方は大きく分けて二種類。

  • 1回の入試分を続けて解く
  • 分野別に対策する

それぞれ説明します。

1回の入試分を続けてとく

1回の入試分を解く場合は本番と同じ時間で本番と同じように解きましょう。

そして問題を解くことよりも大事なのが復習です。
その問題それ自体が解けるようになることが大事なのではなく、その問題を解くために必要な様々な要素を身につけて他の問題を解くときに生かすことが一番大切。

解くのと同じくらいの時間を使うつもりでじっくり復習しましょう。

そして時間が少しあいたら、もう一度復習。
この時はもう書かずに自分の頭の中でどういうプロセスで解く問題だったかを思い出しながら組み立ててみるだけでも大丈夫です。

それだけでもかなり効果的な勉強になります。

分野別に対策する

先ほどの「世界一わかりやすい 東大の文系数学 合格講座」では分野別に問題が並べられています。

微分積分なら微積の問題だけが10年分集められています。
それを順番に解いていけばその分野がどのような出題のされ方をするのかというのが掴めて、とても効果的な対策になります。

どちらの勉強法もそれぞれ効果的なのでバランスよく実践してみてくださいね。

東大文系数学対策にオススメな参考書

ここまでで紹介していないけど東大文系数学対策に適した参考書をいくつか紹介していきます。

合格る計算 数学I・A・II・B

東大数学は時間との戦いでもあります。そのためにはある程度の計算力も必要。

僕は毎朝の勉強始めにこの参考書で軽く計算練習をしてました。
寝起きに10分くらいやると目も覚めて、毎日やれば計算力も上がって一石二鳥です!

1対1対応の演習

こちらも有名参考書。どちらかといえば数学が得意な人向けです。

有名な理由はその解説の秀逸さにあって、数学のセンスを高めてくれる、数学好きにはたまらないというエッセンスが散りばめられています。

ハマる人はとことんハマるので是非数学好きな人は一度試してみてください!

マセマ出版の参考書(初めから始める数学など)

知名度はあまりないかもしれませんが紹介したいのがマセマ出版の参考書シリーズ。

独特な語りかけてくるような書き方をされた参考書で非常に好き嫌いが分かれますが、気に入ればレベルに応じてたくさんのシリーズが出版されているのでマセマを使い続ければいいと思います!

問題数はあまり多くないですが青チャートのように基礎問題の習得に使うのがいいでしょう。

東大受験生にこれだけは言いたい

最後に東大を受験しようと考えている皆さんに一言!

「東大文系入試の攻略のカギは数学にアリ」みたいに言う人もいます。しかしそれは人それぞれです。

自分が数学が得意ならそこで高得点を取れるように勉強すればすればいいし、苦手なら他の科目の足を引っ張らない程度の点数を取れるように勉強すればいい。

自分の得意不得意に合わせた合格プランを考えてて、様々な情報に惑わされすぎないように自分を信じて勉強してください。

そして模試の結果が悪くたって、誰かに「お前には無理だ」って言われたって最後まで東大に行くという自分の意志を大切にしてください!

それでは最後まで読んでくださってありがとうございました!
皆さんの合格を心から祈っています。

スタディサプリで数学の苦手を克服

そもそも、数学の勉強は英単語や社会科目のように暗記でなんとかなるものではありません
正しい知識をしっかりと理解しなければ、いくら時間をかけても無駄に終わってしまいます。
なので、数学が苦手な人は、特に授業での理解が必須です。
逆に質の高い授業で基礎をしっかりと固めれれば、最速で数学を攻略することが可能です!

ただ、予備校に通うとなると、手続きもめんどくさいですし、「積分の授業だけを受けたい!」というようなピンポイントな学習は不可能です。
それに、あなたも手続きなんかに無駄な時間をとられたくないですよね?

それに比べて、スタディサプリは月額980円(2週間は無料で使い放題)で予備校と同レベルの授業を受けられる超お得なサービスです。
今なら東大対策講座も行なっているので東大志望のあなたこそおすすめです!

  • 会員登録は3分で終了
  • 2週間は無料でお試し使いたい放題
  • 会員登録後、すぐに動画授業を受けられる
  • 好きな単元(平面図形、微積、確率など)の授業だけ受けられる
  • 東大対策講座あり

さらにスタディサプリ の数学は、数多くの数学アレルギー者の蘇生術に成功したと言われている山内先生面白い独特のリズムで授業を展開する堺先生が担当しています。

本当に数学の苦手を克服したいなら、今すぐ無料登録してみましょう!




楽しく毎日10時間勉強して自然と偏差値を爆上げする方法



・すぐ勉強に飽きてしまう
・受験勉強がつまらなくてしょうがない
・ついついゲームやテレビを優先してしまう
・E判定からの逆転合格を狙っている
・1日10時間以上勉強ができない
・やる気はあるけど行動に移せない
・いくら勉強しても偏差値が上がらない


こんな悩みを抱えていませんか?
これらの悩みを解決するために「楽しく毎日10時間勉強して自然と偏差値を爆上げする方法」題して「Enjoy Study Method」を無料で配布しています。

高学歴な学生ライターを率いる当メディアの叡智を結集した2万文字にも及ぶ限定コンテンツです。

LINE@にご登録いただければすぐに無料で閲覧することができます。ぜひ、今すぐ登録してください!