【厳選】おすすめの数学問題集・参考書12選

この記事を書いた人

今回は数学の参考書をレベル別に紹介していきます。

ところで、数学ってできる人とできない人の差がある科目ですよね。
なので、数学が得意なだけで教科全体で良い成績が取れることも少なくありません。

ぼくは浪人して、数学で成績が上がり始めてからは、周りのライバルにかなり差をつけることができました。
きっと、数学が伸びなかったら今の大学に入れているか怪しいレベルです。 笑

特に文系の人は数学ができるだけでかなりの武器になること間違いなしですね。これから紹介する参考書や勉強法を参考にして、数学を自分の強みに変えていきましょう!

 とにかく数学が苦手な人へおすすめの勉強法

数学が苦手なのにもいろいろと原因があります。
例えばこの3つ。

  • 基本問題の解法が分からない
  • 計算力がない
  • 中学数学から怪しい          etc…

まずは自分がどうして数学が苦手なのか理由を探る必要があります。

「苦手な理由が分かるならこんなに苦労してないよ!」という人もいるかもしれませんね。
数学が苦手な人はまずは「基本問題の解法を覚える」ことから始めてみましょう。

やり方としてはこんな感じ。

  • 教科書レベルの基本問題を解いてみる
  • できなかった問題を中心に解答のプロセスを覚える
  • 時間を空けて自力で解けるか試したみる

この3つの作業を繰り返してできる問題をどんどん増やしていきます。

注意点は「答えをまるまる覚えることではない」ということ。
あくまでも、こういうタイプの問題はこの解き方で解けるという知識をつけていくのが目的です。

この解法を暗記する勉強を通して数学の苦手な理由をさがしていきましょう。

こちらの記事も参考になりますよ!

偏差値50を目指す人におすすめの数学問題集・参考書

上にも書いたように、偏差値50を目指す人はまず自分の苦手の原因を探してください。
原因をちゃんと知ったうえで、勉強を進めたほうが定着が早いのは間違いありません。

その原因の克服と平行して解ける問題を増やしていけば数学の成績も必ずのびるはずです。これから紹介する参考書は、かなりの助けになってくれるので、ぜひ使ってみてください!

チャート式基礎と演習数学

数学の参考書では有名なチャート式です。ここで紹介しているのは一番基礎的な通称「白チャート」です。

チャート式の特徴は豊富な問題の量でしょう。
このシリーズを完璧にできれば、偏差値50はまちがいなくこえるはずです。

ただし、なかなかの分量なので、しっかりこなすには時間と根気が必須。チャート式をメインにやっていかなくても、辞書的にも十分使えます。
ほかの問題集で分かりにくいものをチャートで調べるという使い方もできるので、サブで持っていてもいいですね。

数学 基礎問題精講

チャートをもう少しコンパクトにした感じの参考書。
コンパクトといっても問題は重要なものばかりが厳選されています。

個人的にはチャートは挫折する人が多いので、こちらの基礎問題精講をおすすめしたいですね。

レベルは教科書の例題から章末問題くらい
この1冊を完璧にできれば、教科書レベルの問題はばっちりです。
解説も詳しいので独学でも無理なく進められるの基礎問題精講の良い点ですね。

スバラシク面白いと評判の初めから始める数学

実は中学数学から怪しんだよな・・・」という人におすすめしたい参考書。

高校生向けですが、数学が苦手な人向けに書かれているので、説明の分かりやすさは文句なしです。
加えて、中学数学の復習事項も扱われているので、中学数学に不安のある人でも安心。

ただ、問題の分量が少なめなので、この1冊に加えて基礎問題精講などにも取り組みましょう。

合格る計算シリーズ

計算ミスが日常茶飯事だったり、計算が遅くていつも時間が足りなくなるという人におすすめの1冊。この「合格る計算」シリーズは問題の計算過程にフォーカスした参考書

普通の参考書では省略されてしまったりする計算もしっかりのっていて、自分のミスを探しやすいです。
また、「合っているが多くの人がやってしまいがちな回りくどい計算」がかなりの役立つところ。
加えて、無駄のない計算方法ものっているので、目から鱗の情報が満載です。

数学1A2Bのほかにも、数学3や確率の計算のものもあるので、自分の苦手に合わせて選んでみてください。

「合格る計算」は自分の計算力に不安がある人にはぜひとも取り組んでほしい参考書です!

スタディサプリ

Screenshot 2016-03-22 at 01.01.29

数学が苦手な人にとって参考書で自力で勉強していくのは本当にしんどいですよね。
そんな人はスタディサプリの映像授業がオススメです!

数学の講師は超丁寧な解説で有名な山内恵介先生が担当しています。
山内先生は「数多くの数学アレルギー者の蘇生術に成功」と言われているくらい数学が苦手な人を復活させるスペシャリストです!

今なら期間限定で2週間無料お試しキャンペーンをやっています。急いで登録しましょう!




偏差値60を目指す人におすすめの数学問題集・参考書

偏差値60を目指すには教科書より少し難しめの問題もできるようにならなければいけません。
ですが、基礎的な解法を知らないとできないものも多いので、教科書レベルの問題は完璧にしておきましょう。

自力でできる問題もあるはずなので、解法の暗記だけでなく、問題演習も兼ねてまずは自分の力で。
アウトプットの練習もやっていくとより実践力がつくので試してみてください!

チャート式解法と演習

通称「黄色チャート」と呼ばれる参考書。
上で紹介した白チャートより1つ上のレベルになります。

教科書ではあまり深く扱われない問題なども掲載されていて、かなり骨の折れるものも。白チャートと同様に辞書的にも使えるのでサブの1冊としてもかなり役立ちます。

また、黄色と青のどっちがいいのって悩んでいる人がいますが、 個人的には黄色でも青でもあまり大差ないと思ってます。
もし、チャートを学校で使っているならそれをそのまま使い続けるのがいいですね。

標準問題精講

「チャートを使いきれる自信がないな・・・」という人におすすめの参考書。
基礎問題精講といっしょでチャートよりも問題が絞られていてコンパクトになっています。

また、問題の質の面からみてもチャートに全く劣りません。
チャートが量だとしたら、標準問題精講は質で勝負しているという感じです。
チャートに挫折したり、時間的余裕があまりない人には標準問題精講はかなりおすすめの1冊!

偏差値70を目指す人におすすめの数学問題集・参考書

偏差値70を目指すには基礎的な解法が頭に入っているのが前提となります。
その上で、解法をアウトプットして、問題によって解法を組み合わせていく力が必要です。

そのため、今までのインプット中心の勉強からアウトプット中心の勉強に変えていかなければなりません。

具体的な方法はまずは自力で問題の解答を作ってみる。
そして、答え合わせは採点官のつもりで厳しめに採点を行う。

もちろん、自分の意図がちゃんと伝わるように記述もしっかり書かなければいけません。アウトプットの段階に入ったら、本番のテストのつもりで解く練習をしていきましょう。

どうしてもできなかった問題は何度も解いて自力で解けるまで復習してくださいね。

これから紹介する問題集はアウトプットの勉強に最適なものです。
これらの問題集で入試の問題にも対応できる実践力をぜひつけていきまししょう!

良問プラチカシリーズ

入試で数学を武器にしていきたいという人におすすめなのが「良問プラチカ」シリーズ。

正直、問題はかなり難しく1題解くだけでもかなり大変です。
ですが、入試で頻出する解法を組み合わせて解かせる問題の練習としては最高の問題集です。

ぼくも愛用していましたが、良問プラチカをやり終えた後は数学にかなりの自信を持つことができました。
全ての問題をやらなくても、志望校で頻出の分野だけやるというのでもぜんぜんありですね。

加えて、解答解説の詳しさも秀逸。
問題自体は難しいですが、解説がかなり丁寧なため、独学でも無理なく進められるでしょう。

かなりやりごたえのある問題集ですが、数学で入試を勝負したい人にはぜひやってほしい1冊です!

大学入試攻略数学問題集

「プラチカはちょっとキツイな・・・」という人にはこの大学入試攻略数学問題集。
プラチカよりは取り組みやすいですが、問題のレベルは高いです。

この問題集くらいのレベルの問題がすらすらできるようになれば、偏差値70も夢ではありません!

また、この問題集もプラチカと一緒でかなり解答解説が丁寧です。
それなので、基礎ができていれば1人でも問題なく進めていけるはず!

各予備校の模試

これは問題集ではないですが、予備校の模試は問題演習にかなり使えます。
というのも 、模試の問題は前の年の入試問題の傾向を踏まえて作られているので、今年の入試の予想問題といっても過言ではありません。

受験生ではない人でも入試の傾向は1年や2年で大幅に変わることは少ないので、解く価値は十分にあります。

今までに模試を受けたことのある人はぜひその問題も演習問題の仲間にいれてあげてください。
模試の復習もできますし、一石二鳥ですね!

センター試験におすすめの数学問題集・参考書

センター数学は問題の難易度よりも、時間の制約がかなりの負担になることが多いです。
また、記述式の問題と比べると時間配分なのど戦略で得点が左右されるといっても過言ではありません。
それなので、センター数学に特化した対策というのも必要になってきます。

もちろん前提として問題の解き方がパッと思い浮かぶくらい、基礎が身についていなくてはなりません。
そのつど考えるのに時間を使っていたらあっという間に時間がきてしまいます。

参考書を1冊仕上げるなどして、ある程度基礎ができてきたら、センター型の問題でスピード感をもって解く練習をしていきましょう。

大学入試センター試験過去問レビュー

センター数学対策は実際の過去問を使って行うのがベストです。

慣れないうちはあまり思うような点数を取れないかもしれません。
ですが、コツをつかんでくれば点数は上がってくるので地道に取り組みましょう。

追試の問題は本試よりも難しめに作られているので、いい練習になるはずです。
高得点を目指す人はぜひやってみてください!

大学入試センター試験実戦問題集

センターの過去問を解き切ってしまってもっと演習をやりたい!という人向けの問題集。
各予備校から出版されているので、好きなもの選んで本番に備えていきましょう。

また、その中でおすすめなのは駿台から出されている実戦問題集。
実際のセンター数学よりも難しめに作られているので、本番前にいい感じの負荷をかけて取り組めます。

過去問よりも難しい問題をやりたい人はぜひ!

センター試験 数学Ⅰ・Aの点数が面白ほどとれる本

「いきなり過去問を解きはじめるのは不安だな」という人向けの参考書。
内容がセンター数学に特化しているので、この1冊を挟めばよりスムーズに演習に入れるはずです。

ただし、メインは過去問を解いていくことなので、サクッと終わらせてたくさん問題演習をしていきましょう。

 数学問題集・参考書を使った勉強法

ぼくが実践していた数学の勉強法は次の2段階に分けてやっていました。
それぞれ紹介していきます!

  • 解法の暗記
  • 覚えた解法を使って問題演習

まず、まだ基礎的な問題が完璧でない人は「解法の暗記」をしていってください。

やり方は問題の解き方のプロセスを覚えること。
そうすれば、似たような問題でも解き方のプロセスを知っていれば解けますよね。

注意点としては「答えを丸暗記する」ことではないこと。
答えだけ覚えても数が変わったりしたら解けなくなってしまいますよね。

あくまでも、それぞれの問題の答えが出るまでの過程を知識として覚えていくのがとても大事。
そうして、自分で解ける問題をどんどん増やしていくのが最初の基礎を固める勉強になります。

でも知識を頭に入れるインプットの勉強だけでは問題は解けません。
知識を使えるようになるアウトプットの勉強も必要になってきます。

基礎固めがひと段落ついたら、次は自力で問題を解く勉強にシフトしていってください。
この段階までくればそこそこ力はついているので、入試問題に近いレベルに問題で知識を使う練習をしましょう。

ある程度2段階目のアウトプットの練習すればかなり数学の力がついてくるのが実感できるはずです。

数学は成績を伸ばすのに時間のかかる科目ですが、正しい努力をすれば必ず力はつきます。
今まで数学で悩んできた人は、この記事の勉強法や参考書・問題集を参考にしてみてください!

スタディサプリで数学の苦手を克服

そもそも、数学の勉強は英単語や社会科目のように暗記でなんとかなるものではありません
正しい知識をしっかりと理解しなければ、いくら時間をかけても無駄に終わってしまいます。
なので、数学が苦手な人は、特に授業での理解が必須です。
逆に質の高い授業で基礎をしっかりと固めれれば、最速で数学を攻略することが可能です!

ただ、予備校に通うとなると、手続きもめんどくさいですし、「積分の授業だけを受けたい!」というようなピンポイントな学習は不可能です。
それに、あなたも手続きなんかに無駄な時間をとられたくないですよね?

それに比べて、スタディサプリは月額980円(2週間は無料で使い放題)で予備校と同レベルの授業を受けられる超お得なサービスです。

  • 会員登録は3分で終了
  • 2週間は無料でお試し使いたい放題
  • 会員登録後、すぐに動画授業を受けられる
  • 好きな単元(平面図形、微積、確率など)の授業だけ受けられる

さらにスタディサプリ の数学は、数多くの数学アレルギー者の蘇生術に成功したと言われている山内先生面白い独特のリズムで授業を展開する堺先生が担当しています。

本当に数学の苦手を克服したいなら、今すぐ無料登録してみましょう!




楽しく毎日10時間勉強して自然と偏差値を爆上げする方法



・すぐ勉強に飽きてしまう
・受験勉強がつまらなくてしょうがない
・ついついゲームやテレビを優先してしまう
・E判定からの逆転合格を狙っている
・1日10時間以上勉強ができない
・やる気はあるけど行動に移せない
・いくら勉強しても偏差値が上がらない


こんな悩みを抱えていませんか?
これらの悩みを解決するために「楽しく毎日10時間勉強して自然と偏差値を爆上げする方法」題して「Enjoy Study Method」を無料で配布しています。

高学歴な学生ライターを率いる当メディアの叡智を結集した2万文字にも及ぶ限定コンテンツです。

LINE@にご登録いただければすぐに無料で閲覧することができます。ぜひ、今すぐ登録してください!