誰でも最短で数学の苦手を克服する勉強法【保存版】

この記事を書いた人

突然ですが、みなさん数学って得意ですか?
きっと中には、「xやyを見ただけでアレルギーが出るぜ!」って人もいるかもしれないですね 笑
極端かもしれないですが、それくらい苦手な人も多いのはが数学っていう教科です。

実はぼくも、実は昔は数学がかなり苦手でした
高校1年生の頃なんかは200点満点のうち60点未満の人に課される再テストの常連。
数学の先生たちの間ではひそかな有名人でした 笑

ですが、高校2年生の冬くらいさすがにこのままではヤバいと思い、いろいろと勉強法の研究をスタート。
いくつか試しながら、これだ!という勉強法を見つけました。
そうすると、以前のぼくには考えられないような成績を取ることができるように。
なんとセンター試験では数学は8割を越え、国立の2次試験でも受験科目の中で1番点数が取れてしまいました。

今日はそんな僕が実践した「数学の苦手を最短で克服する勉強法」をあなたに紹介します!
ぜひ自分の特徴やしっくりきそうな勉強法を見つけて、数学の苦手を克服する手がかりを見つけてみてください。

数学が苦手な人の理由と特徴

ここでは数学の苦手な人に多い特徴やその理由を紹介していきます。
自分がどのパターンに当てはまるの探しながら読んでいってください。

数が苦手な人は自力で解こうとしてしまう

数学というと自分の頭でで考えて解くという印象が強い教科。
そのため、うんうんと悩みながらかなりの時間をかけてしまいがちです。
そして、「あれ、こんなに時間かけたのに全然進んでないし、答えもあってない・・・」なんてことにも。
日に日に、数学の勉強する時間が徐々に減りはじめ、気づいたら数学がかなり苦手に・・・

これが、最初から自力で問題を解こうとしてしまう人のパターンです。このパターンに陥ると数学が苦手になるのにプラスして、数学が嫌いになるというおまけもついてきます笑
おそらく数学が苦手な人はこのタイプの人が多いはず。
ちなみに、ぼくもがっつりこのタイプの人でした笑

対策として、基本的な問題の解法を覚えいくという勉強にシフト必要があります。

数学が苦手な人は用語の意味があいまい

ここで問題です。
Q.「線分」と「直線」の違いはなんでしょう?

「ヤバい、分かんないぞ」という人は今すぐ教科書で確認してみてくださいね!

やはり、用語の意味があいまいだと問題文の意味を読み違えたり、条件を見落としたりしてしまいます。
せっかく問題を解く力があったとしても、どこかでつまづいて問題が解くことができない・・・
というのが、数学の用語の意味があいまいな人のパターン。

教科書や参考書で分からない用語が出てきたらそのつど確認するのが理想ですが、数学の用語の意味や定義は曖昧なものが多いです。

数学が苦手な人が、この辺の知識をつけるためには映像授業を利用するのがおすすめです。
特にスタディサプリは3分の登録で今すぐ始められて月額980円なのでとてもおすすめです。

スタディサプリで数学を担当する山内恵介先生は「数多くの数学アレルギー者の蘇生術に成功」と紹介されているだけあって、授業のわかりやすさは天下一品です。




 

数学が苦手な人は計算がおぼつかず、ミスが多い

数学の力の半分は計算力といっても過言ではありません。
せっかく解き方が分かっていても、計算して答えが出せなきゃ意味がないですよね。

高校数学にもなると、複雑な計算や面倒な計算はどうしても避けることはできません。
そのため、計算が苦手だと途中でミスを連発して、複雑な計算が出てくると手が止まってしまう・・・
というのが、基本的な計算がおぼつかいない人のパターン。

このタイプの人は分数の計算や方程式などの計算から怪しい人もいるはず。
1度自分がどこまで理解できているのか確認する必要があります。

数学が苦手な人は中学数学が定着していない

高校数学は中学数学の定着が十分じゃないと理解するのが大変な分野がほとんど。
やはり中学数学という土台がしっかりしていないと分かるものも分からなくなってしまいます。

「関数ってそもそも何?」「因数分解ってどうやるんだっけな」
学校の授業を受けていても先生の言っていることや計算の意味が分からない・・・
というのが、中学数学が定着していない人のパターン。
きっと、学校の授業を聞いていてもしんどいはずなので、勇気を出して中学の内容に戻って勉強していく必要があります。

図やグラフをうまく使えていない人

図形や二次関数、微分の問題ではいかに図やグラフを活用できるかが勝負なることがよくあります。
問題文や式から正確かつ素早く図やグラフを描く能力は数学の苦手を克服する上でなくてはならないもの。

ですが、面倒くさがって図やグラフを描かなかったり、問題とは全く違うものを描いてしまったり・・・
というのが、図やグラフをうまく使えていない人のパターン。

速く正確に描くにはある程度の練習が必要なので、まずは正確なグラフを描けるようにする訓練が必要です。

数学の苦手を克服する勉強法

「数学が苦手な人の理由と特徴」で紹介したタイプに照らし合わせながら勉強法を紹介していきます。

解法の暗記で苦手を克服

よほど数学が得意でない限り、今まで出会ったことのない問題を1から解いていくのはなかなかキツいです。
そこで紹介する勉強は「問題の解法を暗記してしまう」勉強法。

ここで間違えないでほしいのは、解答解説を一字一句暗記することではないということ。
あくまでも、問題の解き方を覚えて類題が出たときに解けるようになるというのを目標する勉強法になります。

では実際に次の問題を使ってこの勉強法の説明をしていきますね。

%e5%95%8f%e9%a1%8c%ef%bc%91

パッとこの問題を見て解き方が浮かんできますか?

実はこの問題は左の式を=kと置くことで解くことができる問題です。
せっかくなので、初めてこの問題を見た人はヒントをたよりにして解いてみてください。

おそらく、以前にもこの問題をやったことがある人にとっては難しくないはず。
ですが、初見の人はかなり悩むんじゃないかなと思います。

というのも、初めてこの問題に出会って、左の式を=kとおけばうまくいくんじゃないかと考えられる人はほとんんどいません。
それなので、この問題を解くためには、まず左の式を=kと置くというのが必須の知識なります。
逆に、はじめに=kと置く知識さえあれば、類題が出されても同じようにして解くことできちゃいますね。

こんな風にして、問題ごとのセオリーとなる解き方をまずは知識として覚えてしまう勉強が必要です。

数学が苦手な人はこの暗記勉強法をやっていない人がほとんどです。
まずはできるだけ解法を叩き込んで、それから徐々に自力で問題を解いていく勉強に変えていくのがおすすめです。

この勉強は数学の基礎を作っていく過程でとても重要なステップなので、さっそく今日から実践してみてください!

用語の意味を確認して苦手を克服

学校の授業や問題を解いていたりして、意味があいまいな用語が出てきたらそのつど教科書や参考書で意味を確認しましょう。

さっき出てきた「線分」と「直線」の違いや「正の整数」と「自然数」の違いなんかもかなり大事です。

数学に出てくる用語はほかの教科に比べるかなり少ないですね。
なので、面倒くさがらずにこまめに確認する習慣をつけていきましょう。

計算ミスを減らして苦手を克服

高校数学は、場合分けをすることで1問の中でも何回も計算が必要になったり、扱う数が大きくなり計算が複雑になったりすることがしばしば。

計算ミスが多いというだけで、できる問題なのに間違えてしまうということが起こります。
せっかく解法が分かっている問題を計算ミスで落としてしまうのはとても悔しいですよね。

そのため、計算ミスを減らしていく数学の苦手を克服する上でとても重要なこと。

計算力自体をつけていくには時間がかかりますが、計算ミスを減らすなら工夫は今日からでもできます

工夫の仕方は人によってさまざま。ここではぼくが実践していた工夫を紹介します。
それは、できるだけ計算を簡単にしていくこと。

これだけだとピンとこないと思うので例を出していきますね。2次方程式で解の公式を使わなければいけない場面を想像してください。
ぼくはいつもこの時に計算が少しでも楽にならないか少し立ち止まって考えてみます。

ところで、この公式を知っているでしょうか?

%e5%85%ac%e5%bc%8f

実は2次方程式のxの係数が2の倍数のときにこの公式を使うと、ちょっと計算で楽できちゃいます。

いつも使えるものではないですが、けっこう使える場面が多いので覚えておいて損はありません。
知らなかった人はこれを機会に覚えておくと、きっといいことがあるのでぜひ!

特にa,b,cが整数じゃないときなどはかなり計算が簡単に!

こんな風にちょっとした工夫や知識があれば、複雑な計算でも楽になったりすることも。
ほかにも方法はたくさんあるはずなので、ぜひ自分で考えたり調べてみたりしてください!

中学数学の復習して苦手を克服

中学生のときから数学が苦手、中学数学の内容にも自信がないという人は、1度中学で習う数学を総復習してみましょう。

なんだか遠回りに見えるかもしれませんが、中学数学の基礎的な内容が分からないと、高校数学の定着はあまり見込めません。
それなので、ここは勇気を出して戻ってみることが苦手を克服する上でとても大切です。

ただし、あまり時間をかけすぎるのもよくありません。
2週間などのように一定の期間を決めて、大事な問題に目を通して、自力で解くことができるか確認していきましょう。

中学校数学の復習はスタディサプリ がおすすめです。
最初の2週間は無料で使えるので、無料期間の間に中学数学の内容を総復習できます。
登録は3分で行えて、すぐに授業を見ることができるので、今すぐ登録しちゃいましょう。




正確な図やグラフを描けるように

図形や二次関数などの図やグラフが問題を解くカギになってくる分野でまずは練習しましょう。
はじめはスピードは気にせず、正確さを第1優先にして描いてみてください。

特に二次関数の場合分けのある問題は、グラフを条件をグラフで表せるようになるとかなり理解が進むはずです。

数学が苦手な人におすすめな参考書

解説が詳しく、数学が苦手な人でも独学で進めることのできる参考書を中心に紹介していきます。

チャート式基礎と演習数学

いわゆる白チャートと呼ばれている参考書。
特徴は網羅性が強く、この1冊を完璧にすれば教科書レベルの問題は間違いなく解けるようになります。
解説も分かりやすいので独学でも進めることももちろん可能。

また、たいていの問題は載っているので、ほかの参考書で分からない問題をチャートで調べたりするという使い方も。
情報量が多い辞書的な参考書がいいという人におすすめです。

チャート式の勉強法はこちらでも紹介しています!

数学 基礎問題精講

「チャートは量が多すぎて全部やりきれないよ」という人向けの参考書。
教科書レベルで特に重要な問題が厳選されています。
内容も公式を知っていればできるものから、教科書の章末問題に近いレベルまでカバー

この基礎問題精講を完璧にできれば、実力は人並み以上についているはずです。解説も大変分かりやすく、個人的にもおすすめしたい1冊!

スバラシク面白いと評判の初めから始める数学

この参考書の特徴は数多くの参考書の中でもトップレベルの解説の分かりやすさが書かれているところ。
数学が苦手な人を対象に書かれているので、これでもかというくらい全体的に丁寧です。

また、同時に中学数学の内容も復習できるのも良い点の1つ。
中学数学も自信ないなという人は「スバラシク面白いと評判の初めから始める数学」で決まり!

合格る計算 数学Ⅰ・A・Ⅱ・B

計算ミスや計算のスピードで悩んでいる人におすすめしたい1冊。

「合格る計算」の特徴は普通の参考書では省略されてしまう計算過程がしっかりのっていること。
また、計算は間違えていなけれど無駄が多い計算というものも掲載されていて、どうすれば計算を簡単にできるかも教えてくれます。

また、扱われている問題も重要なものをしっかり押さえているので、計算力と+αの力がつけられる一石二鳥な1冊。
時間的に余裕があって計算の練習にも時間がさける人にはぜひやってもらいたい参考書です!

スタディサプリで数学の苦手を克服

そもそも、数学の勉強は英単語や社会科目のように暗記でなんとかなるものではありません
正しい知識をしっかりと理解しなければ、いくら時間をかけても無駄に終わってしまいます。
なので、数学が苦手な人は、特に授業での理解が必須です。
逆に質の高い授業で基礎をしっかりと固めれれば、最速で数学を攻略することが可能です!

ただ、予備校に通うとなると、手続きもめんどくさいですし、「積分の授業だけを受けたい!」というようなピンポイントな学習は不可能です。
それに、あなたも手続きなんかに無駄な時間をとられたくないですよね?

それに比べて、スタディサプリは月額980円(2週間は無料で使い放題)で予備校と同レベルの授業を受けられる超お得なサービスです。

  • 会員登録は3分で終了
  • 2週間は無料でお試し使いたい放題
  • 会員登録後、すぐに動画授業を受けられる
  • 好きな単元(平面図形、微積、確率など)の授業だけ受けられる

さらにスタディサプリ の数学は、数多くの数学アレルギー者の蘇生術に成功したと言われている山内先生面白い独特のリズムで授業を展開する堺先生が担当しています。

本当に数学の苦手を克服したいなら、今すぐ無料登録してみましょう!




楽しく毎日10時間勉強して自然と偏差値を爆上げする方法



・すぐ勉強に飽きてしまう
・受験勉強がつまらなくてしょうがない
・ついついゲームやテレビを優先してしまう
・E判定からの逆転合格を狙っている
・1日10時間以上勉強ができない
・やる気はあるけど行動に移せない
・いくら勉強しても偏差値が上がらない


こんな悩みを抱えていませんか?
これらの悩みを解決するために「楽しく毎日10時間勉強して自然と偏差値を爆上げする方法」題して「Enjoy Study Method」を無料で配布しています。

高学歴な学生ライターを率いる当メディアの叡智を結集した2万文字にも及ぶ限定コンテンツです。

LINE@にご登録いただければすぐに無料で閲覧することができます。ぜひ、今すぐ登録してください!