【数学】基礎・標準問題精講のレベルと使い方を徹底解説

受験生が活用すべきおすすめサービス3選

▼スマホで1分受験勉強!
スタディサプリ

▼図書カード1000円分全員もらえる!
スタディサプリ大学パンフ資料請求

▼高校生も勉強の合間にめっちゃ稼げる!
Pococha

この記事を書いた人

今回は受験生からの人気が高い数学基礎・標準問題精講について紹介!
基礎・標準のそれぞれのレベルやどうすれば効率的に活用できるかなどの気になる疑問に答えていきます。

数学の参考書で悩んでいたり、問題精講を持ってるけどうまく使えていないという人は、ぜひ参考にしてください。
また、問題集の使い方と同時に数学の勉強の仕方もかんたんに紹介するので使えそうなところはどんどん吸収していきましょう!

今なら誰でも1000円もらえるキャンペーン中!

スタディサプリから大学・専門学校の資料請求を使うと無料で1000円分の図書カードがもらえます!
こんなチャンス中々ないので、受験生は急いで!!

数学基礎・標準問題精講のレベル

まずはじめに、1A、2Bそれぞれの基礎・標準問題精講のレベルを解説していきます。

数学1A基礎問題精講のレベル

数学1Aの基礎問題精講は数学の実力をつけていく基礎的な力をつけられる問題集。
そのため、初めて数学1Aを学ぶ人や数学が苦手な人向け。

とにかく解説がものすごく丁寧で、問題を解くのに大切なポイントも教えてくれます。
チャート式よりももっと詳しいものが使いたいという人にはぴったりなはず。

レベル的には初学者向けですが、しっかりと何周もしてやり込めば偏差値60まで目指すことのできる1冊。
これから時間をかけて着実に数学の力を身につけていきたいという人におすすめの問題集ですね。

数学1A標準問題精講のレベル

基礎問題精講の1つレベルが上の問題集。
ただし、問題集のレベル自体はかなり高いです。
それなので、数学が得意な人やある程度勉強が進んでいる人ではないと太刀打ちできません。

基礎的な数学の力が身についているなら、入試問題を実際に解いていくための良い問題演習になるはずです。
この問題集を何周もしてやり込んでいけば、偏差値60後半から70近くまで目指すことのできる1冊
数学の実力により磨きをかけていきたいという人におすすめの問題集です。

数学1A2B上級問題精講のレベル

数学1A・2Bの問題集の最高峰といえる一冊。
標準問題精講のさらに上をいくレベルの問題を収録。

シリーズを通した強みである、問題の分析がとても生きています!この参考書でも実際の入試問題を扱っていますが、1ヒネリも2ヒネリもある問題について、その発想からしっかりと解説

難関大学の二次試験では発想力も大事になってきますよね。その発想力のトレーニングに最適な参考書と言えます!

東大や京大など、最難関大学を受験する方にはオススメしたい参考書です。その他難関大学を目指している方で、数学を得点源にしたいという方は取り組むとGOOD!

数学2B基礎問題精講のレベル

数学2Bの基礎問題精講も1Aと同様に発展的な問題を解いていくための基礎を身につけられる問題集。
入試問題を解くには必須となるレベルの問題を学べます。

1Aと比べると若干ですが、難しく感じる人もいるかもしれません。

数学2Bの基礎問題精講もしっかり取り組めば、偏差値60ちかくまで伸ばすことができます。
また、センター試験でも基礎問題精講が完璧なら7割~8割の得点ができる力がつくはず。

1Aと平行して受験に備えて使ったり、学校の授業より先取りしたいという人にもおすすめの1冊!

数学2B標準問題精講のレベル

数学2Bの標準問題精講も数学1Aと同じで全体的にレベルはかなり高め。
数学の基礎力がついていないで、取り組もうとするとほとんどの人が挫折してしまうでしょう。

また、1Aの標準問題精講と比べても問題の難易度はかなり高いです。
そのため、何周もして身につけていくのはかなり大変でした・・・
ですが、入試で数学の配点が高かったり、数学を武器にして入試は戦いたいという人にはぜひやって欲しい問題集です。

1Aと同様にしっかりやり込めば偏差値70ちかくまで目指すことができます
数学が得意であったり、偏差値が60くらいの人にはかなりおすすめの1冊!

数学3基礎問題精講のレベル

数Ⅲについて基礎からしっかり解説してくれている参考書です!
教科書レベルから入試問題レベルまでの橋渡しをしてくれる一冊。

数Ⅲって一気に難しくなりますよね。理系の宿命なのですが(笑)
そんな数Ⅲの苦手イメージをきっと取っ払ってくれるはず。

青チャートや黄チャートを使ってみてなんだかよくわからなかった、という方にこそ、オススメしたい!典型的な入試問題もしっかり載っていますよ。

ただあくまで数Ⅲの問題集なので、数学1A・2Bの基礎などがある程度出来ていないと、難しいですよ。

数学3標準問題精講のレベル

数学1Aと数学2Bの標準問題精講よりもワンランクくらい上のレベルという印象。難関大志望の方はこの問題集をやり込むことでかなり自信がつくはず

他の問題集ではないような解法が掲載されています。数Ⅲはある程度の問題の型やパターンがあります。その型やパターンをよく知るためにオススメできる参考書!

青チャートなどである程度しっかり数Ⅲを理解したうえで取り組むのがベスト。それ以前に手を出すとおそらく挫折します。

数学3上級問題精講のレベル

この数学Ⅲ上級問題精講は大学受験数学の最高峰の問題集と言っても過言ではないでしょう。

先ほど数Ⅲの問題にはある程度の型やパターンがあると書きましたが、その型にはまらない、本当の発想力が求められるような、最上級の問題を扱っています。

だから生半可な気持ちではやりきることのできない参考書。最難関大学の過去問題集とこの一冊で絶大な効果を発揮すると思います。

難関大学で合格点+αを狙い方、東大京大などの最難関大学で数学を確実に得点源にしたい方はぜひ取り組んでみてはいかがでしょうか。

数学基礎・標準問題精講の特徴と解説

数学基礎・標準問題精講の特徴はチャート式のように1ページで問題とその解説がされているところ。

ここまでだとチャート式とあまり変わらないのでは?と思うかもしれません。
ですが、チャート式を使ったことのある人なら分かると思います。
チャート式は問題の網羅性がすごい反面で分量がとてつもなく多いのが特徴。
それなので、1周するだけでもかなり苦労してしまいます。

チャート式と比べると基礎・標準問題精講はより重要な問題が厳選されているところが良い点。
そのため、入試で頻出するような問題や解き方などを身につけやすくなります。

ぼく自身も問題精講とチャート式の両方を持っていましたが、問題精講をメインで勉強していました。
個人的にはチャート式は問題の解き方を調べる辞書のようにして使うのがいいんじゃないかなと思っています。
それに加えて、問題精講のほうが解説は丁寧で詳しいように感じました。
なので、個人的には数学の参考書を何にするか迷っているなら、問題精講を試してみてほしいです!

また、問題数が少ないと不安に思う人もきっといるはずです。
今思い出してみると、無駄な問題は1問もなくかなり重要なものだけが厳選されていますね。
というのも、ぼくが浪人していた予備校のテキストでも似たような問題がバンバン出てきたからです。
だから、問題が少ないから重要なものが抜けているということありません。

ただし、チャート式と比べると類題の掲載が少し少ないです。
ですが、類題を解くことも大事ですが、まずはオーソドックスなものをできるようにするのがいいでしょう。
類題を積極的に解かなくても問題演習で数をこなしていけば十分補えると思うので、個人的にはあまり気になりませんでした。

加えて、数学基礎・標準問題精講はいろいろな解法を組み合わせて解くような問題はあまりのっていません。
難関大学で出題される問題は学んだ考え方を組み合わせないと解けない問題も出題されます。
そのため、難関国立大や早慶などの私立を目指している人は過去問やほかの問題集で補う必要があります。

自分の目指している大学の過去問をチェックして、かなり複雑な問題が出るのか、オーソドックスな問題なのかを確認しましょう。
より複雑で難しい問題の演習が必要な人は数学良問のプラチカがおすすめです。
プラチカについてはこの記事に詳しく紹介してあるのでぜひ読んでみてください!

数学基礎・標準問題精講の使い方

ここでは数学基礎・標準問題精講のおすすめの使い方を紹介していきます。

また、この記事を読んでいる人の中には数学の勉強の仕方が分からないという人もいるのではないでしょうか。
それなので、数学の基本的な勉強法も交えながら解説していきます。
もっと詳しく数学の勉強の仕方を知りたいという人は勉強法をまとめた記事もあるのでぜひ読んでみてください!

まずは自力で数学の問題を解く

数学基礎・標準問題精講はチャート式のように問題のすぐ下に解答解説がついています。
ですが、すぐに答えを見るのではなく、まずは自分で手を動かして解いてみましょう。

見たことのある問題だなと思っても、実際に解いてみると案外できなかったりもします。
それなので、自分がどこまでできるのか知るという意味でも、見出しの問題は自力で解けるかチャレンジしてみてください。
途中までしかできなかったというのでも全然OK。

また、基本的には見出しの問題だけに取り組めば大丈夫です。
類題などは余裕のある人や復習のときの腕試しとして使えばいいのでまずは見出しの問題に全力をだしましょう!

念入りに答え合わせをする

問題を解き終えたら念入りに答え合わせをしましょう。

ここで大事にしてほしいのは最終的な答えよりも答えに至るまでの過程が合っていたかどうかを確認すること。
問題の考え方がちがっていたのか、単なる計算ミスで間違ってしまったのかでは大きな違いがあります。
反対に、答えが出なくても考え方が合っているなら、その問題を解く実力をもう持っていると思って大丈夫ですね。

特に記述式の問題では書くべきことをしっかり書かないといけません。
そのため、答えが合っていても大きく減点されるなんてことも少なくないです。
ぼくも模試の問題で答えは合っているのに記述の書き方が雑で半分以上点を引かれてしまったという苦い思い出が。。。

それなので、問題の答え合わせをするときは、

  • 正答に至るまでの考え方の過程が正しいか
  • 書くべき条件や言葉が書かれているか

この2点に重点を置いて念入りに答え合わせをしてみてください!

もし、解説を読んでも理解できなかったら、スタディサプリ を活用するのがおすすめです!
授業形式の学習法は時間はかかりますが、理解の促進は参考書よりも断然高いです。
スタディサプリは単元別に細かく授業がわかれているので、自分のわからないところだけをピンポイントで潰していきましょう!
特に数学を担当する山内恵介先生は「数多くの数学アレルギー者の蘇生術に成功」と紹介されているだけあって、授業のわかりやすさは天下一品です。




できなかった数学の問題は「考え方」を覚える

問題集を進めていく中で、できない問題のほうがどうしても多いはずです。
そこで、できない問題に出会ったときの復習として、正解までへの「考え方」を覚えるという復習がおすすめ。

間違ってほしくないのは問題の答えを覚えることではありません。
こんな問題はこうやって解くというような解法をストックしていくといった感じです。

また、数学基礎・標準問題精講のいい点はこの正解までの考え方がかなり詳しくて丁寧に書かれているところ。
そのため、ほかの参考書や問題集ではピンときづらいところでもスムーズにこなせるはず。

この数学基礎・標準問題精講の長所を生かして、解法を覚えていけばかなりの実力をつけることができます。

できなかった数学の問題はひたすら復習

できる問題とできない問題に分けられたら、できない問題を中心に何度も復習していきます。
何周すればいいのかは人によって違ってきますが、最低でも3周は復習をしましょう。

個人的には3周したら、どんどんできない問題をしぼっていって復習する問題の回転率をあげる方法がおすすめです。
復習ももちろん手を動かして記述に気を付けながらやってみてください。

また、最初に解けた問題やできるようになった問題は、ときどき解いてみたり、頭の中で基本となる考え方を思い出してみるとより良いですね。

このような感じで数学基礎・標準問題を完璧にしていけば、数学の基礎は十分固まります。
チャート式よりも1周するのに時間はかからないので、過去問やより難しい問題に積極的に取り組みましょう。

また、ときどき時間を取ってかんたんな復習もするように心がけていってください!

スタディサプリで数学の苦手を克服

そもそも、数学の勉強は英単語や社会科目のように暗記でなんとかなるものではありません
正しい知識をしっかりと理解しなければ、いくら時間をかけても無駄に終わってしまいます。
なので、数学が苦手な人は、特に授業での理解が必須です。
逆に質の高い授業で基礎をしっかりと固めれれば、最速で数学を攻略することが可能です!

ただ、予備校に通うとなると、手続きもめんどくさいですし、「積分の授業だけを受けたい!」というようなピンポイントな学習は不可能です。
それに、あなたも手続きなんかに無駄な時間をとられたくないですよね?

それに比べて、スタディサプリは月額980円(2週間は無料で使い放題)で予備校と同レベルの授業を受けられる超お得なサービスです。

  • 会員登録は3分で終了
  • 2週間は無料でお試し使いたい放題
  • 会員登録後、すぐに動画授業を受けられる
  • 好きな単元(平面図形、微積、確率など)の授業だけ受けられる

さらにスタディサプリ の数学は、数多くの数学アレルギー者の蘇生術に成功したと言われている山内先生面白い独特のリズムで授業を展開する堺先生が担当しています。

本当に数学の苦手を克服したいなら、今すぐ無料登録してみましょう!




受験生が活用すべきおすすめサービス3選

▼スマホで1分受験勉強!
スタディサプリ

▼図書カード1000円分全員もらえる!
スタディサプリ大学パンフ資料請求

▼高校生も勉強の合間にめっちゃ稼げる!
Pococha

楽しく毎日10時間勉強して自然と偏差値を爆上げする方法



・すぐ勉強に飽きてしまう
・受験勉強がつまらなくてしょうがない
・ついついゲームやテレビを優先してしまう
・E判定からの逆転合格を狙っている
・1日10時間以上勉強ができない
・やる気はあるけど行動に移せない
・いくら勉強しても偏差値が上がらない


こんな悩みを抱えていませんか?
これらの悩みを解決するために「楽しく毎日10時間勉強して自然と偏差値を爆上げする方法」題して「Enjoy Study Method」を無料で配布しています。

高学歴な学生ライターを率いる当メディアの叡智を結集した2万文字にも及ぶ限定コンテンツです。

LINE@にご登録いただければすぐに無料で閲覧することができます。ぜひ、今すぐ登録してください!