【センター古文対策】30日で8割を取る超効率的勉強法

受験生が活用すべきおすすめサービス3選

▼スマホで1分受験勉強!
スタディサプリ

▼図書カード1000円分全員もらえる!
スタディサプリ大学パンフ資料請求

▼高校生も勉強の合間にめっちゃ稼げる!
Pococha

この記事を書いた人
4363975941826
執筆者:レンタ

早稲田大学文学部1年

ブログ:レンタメ

こんにちは。学生ライターのレンタです!

今回はセンター古文をいかに効率よく攻略するかお教えします。僕はセンター古文で満点を取ったのでそのノウハウを交えながらご紹介したいと思います。

今なら誰でも1000円もらえるキャンペーン中!

スタディサプリから大学・専門学校の資料請求を使うと無料で1000円分の図書カードがもらえます!
こんなチャンス中々ないので、受験生は急いで!!

センター古文の傾向と対策

センター古文の問題構成と配点

センター古文は6問構成で50点満点です。
問1は語彙問題。5点×3問の15点です。
問2は文法問題。5点の場合が多いです。
問3〜問6は文章読解・内容説明問題。7〜8点×4問で30点。
これで合計50点満点です。
毎年多少の変更はあるもののこの構成を前提に勉強しておけば大丈夫です。

センター古文の平均点と特徴

古文の平均点は現代文、漢文の中で最も低いです。
平均点は約25点(2005〜2015年本試験より)。つまりちょうど半分。
しかし、少し古文をかじっていれば選択肢を2つに絞ることは簡単です。要するに全国の受験生の平均点はあまり勉強していないのと同じ点数なんです。

正直言ってセンター古文の攻略は簡単。
センターの全科目の中で1番満点が取りやすいと言っても過言ではないです。さらにやるべきことは完全に決まっています。
その勉強法を今から説明していきましょう。

センター古文のおすすめ勉強法

センター古文で6割取るための勉強法

センター古文の平均点はさっき言った通り5割。後の1割を取るためにやることは決まっています。
単語と文法を詰めていくことです。
これだけである程度の点数はすぐに伸びますよ。

最初の古文単語帳としておすすめなのがこちらの「速読古文単語」です。

この参考書はかなり初学者向けです。
なぜかというと
・本当に頻出の単語だけ掲載されている
・絵が掲載されていてわかりやす
という特徴があるからです。

この単語帳はセンターレベルでも頻出の単語についてまとめられています。
詳しすぎないのが初学者にぴったり!

また一つ一つの単語に絵が掲載されています。
単語の意味を視覚的イメージとともに覚えられるので初学者や暗記が苦手な人にもオススメです。

文法の参考書は「ステップアップノート古典文法トレーニング」が一押し!

とても丁寧に説明されていて初心者から上級者まで使える良書です。初心者に優しい参考書ですが、少しレベルの高い文法もコラムという形で掲載されています。
なのでこの一冊で受験古文の文法はマスターできます!

また練習問題がとても実践的なのもこの本のいいところです。
センター試験で問われやすい「ぬ」や「む」などの識別問題はこの一冊で得意分野になること間違い無し!

これで単語と文法を一通り勉強できれば6割は簡単です。

また、古文を0から勉強する場合はスタディサプリを利用することもおすすめです。知識が0の状態から独学で1人で勉強していくのはかなり辛くて挫折します。
参考書に書いてあることも頭に入ってこないし、効率が悪いです。
スタディサプリで古文を担当する岡本莉奈先生は苦手な子にフォーカスを当てた、わかりやすい授業で有名です。

※今なら2週間限定で無料で使いたい放題です!今すぐチェック!

スタディサプリについてはこちらの記事でまとめています。

センター古文で8割取るための勉強法

単語と文法の勉強である程度の点数は伸びます。
ですが古典独特の文脈を理解できなければ高得点は獲得できません。

文脈理解のためにおすすめする参考書は「富井の古文読解をはじめからていねいに」です。

ある程度古文の基礎知識(単語、文法)を身につけている人を対象にした参考書。
この本は基礎知識を活かして、問題を解くための「読解法」を学ぶことができます。
この本は視覚的にもわかりやすくまとめらています。より実践的な古文の実力をこの本で身につけましょう。

センターで8割を目指すなら先ほど紹介した「速読古文単語」が物足りなくなるはず。
2冊目の参考書としては「実践トレーニング古文単語」がおすすめです!

一つ一つの単語にとても詳しい解説とバリエーション豊富な訳が掲載されているのが特徴。
また用例として掲載されている実際の試験問題も精選されたものばかりです。
なので模試や過去問などを解いていると
「この一文、なんか見覚えあるな…あっ単語帳に載ってたやつだ」
となることもしばしば。

さらにこの単語帳にはもう一ついいところがあります!
それは「欄外の雑談」です。
この本の著者である山本先生、通称ヤマちゃんがしょうもないこととか書いてるんですが、実はとても大事なことも書かれています。息抜きにでも読んでみてください。
きっと役に立ちますよ。

センター古文で満点を取るための勉強法

やはり満点を取るとなるとセンター試験の過去問で問題になれることが必要不可欠です。
これまでに身につけてきた知識を最大限に活かして問題演習していきましょう。
まずは国語の赤本もしくは黒本を手に入れてください。

赤本の方が少しやさしめ。
黒本は解説が詳しいけど、中には難しいという印象を受ける人も。
お好みでどうぞ!

センター国語で高得点を取るには時間配分が鍵を握っています。
現代文を解くためにはどうしても時間がかかるので古典でどれだけ時間を切り詰められるかが超重要。
僕が推奨するのは全体80分のうち70分ほどで解き終え、10分は残しておくこと。
その時間を見直しに当てることができれば点数は確実に安定します。
僕の場合だと漢文12分、古文17分、小説17分、評論20分で解いてました。
センター演習を積んでいく中で自分なりの時間配分を身につけていってください。

解き終わった後は解答解説をしっかり読み込んでください。
自分の疑問点を全て解消できるまでじっくりと。
わからないところがあればここまでに紹介してきた参考書を辞書代わりに使って調べ尽くしましょう。
国語は解いてる時間より答えあわせの時間が大切であると言っても過言ではありません。

センター古文対策おすすめ参考書

ここからは紹介しなかったけれども使って欲しい参考書を紹介していきます。
人それぞれ気に入る参考書とそうでもないものがあるので。
直感的に気に入ったものを使うのが参考書選びの極意です。

古文単語ゴロゴ

かなり有名どころのゴロゴシリーズ。
語呂合わせで覚えるということに特化した単語帳で、古文が苦手、暗記が苦手って人にはとてもいいと思います。
ハマる人はハマるし嫌いな人は嫌いという人を選ぶ参考書です。
一度サラッと読んでみることをおすすめします。
ビビッときたらこの単語帳で最後までやり切るのもありです。

こちらの記事でも詳しく紹介しています!
>>古文単語ゴロゴの特徴と使い方を徹底解説

マドンナ古文単語

こちらもかなり有名どころの単語帳。
読みながら自然に古文単語を覚えられる単語帳。
1つの古文単語についてとても詳しく書かれていて、語源やゴロが掲載されています。
いろいろな視点から同じ単語を学ぶことができるので記憶に定着しやすいんです。
支持者がとても多い単語帳です。

こちらの記事でも詳しく紹介しています!
>>古文単語フォーミュラ600の特徴と使い方を徹底解説

ステップアップノート30古典文法基礎ドリル

先ほど紹介した「ステップアップノート古典文法トレーニング」と同じシリーズですがこちらの方がドリルというだけあって練習問題が多め。
文法が苦手な人は二冊やってもいいし、どちらか一冊でももちろん大丈夫です。

富井の古典文法をはじめからていねいに

先ほど紹介した「富井の古文読解をはじめからていねいに」の著者の富井先生が書いた文法本です。
名前の通りめちゃくちゃ優しい内容なのでゼロから学べます。

望月光 古典文法の講義の実況中継

有名な実況中継シリーズの一冊です。
これは実況中継シリーズ全てに言えることなんですが、この参考書は読んでいるうちに覚えるタイプの参考書です。
全て身につけるには何度も読み返す必要があるけれども、身につければ古文は得意になるでしょう。
受験まで時間がある人にだけおすすめの参考書です。

古文文法ゴロゴ

先ほど紹介した「古文単語ゴロゴ」の文法版です。
単語のゴロゴが好きな人ならこの文法書が気にいるでしょう。

古文読解ゴロゴ

立て続けにゴロゴですいません笑
単語ゴロゴ、文法ゴロゴを一通りやり終えた人がその知識を実践的に変えていくための参考書です。ゴロゴでやりきるって決めた人向けですね。

マーク式基礎問題集 古文

センター演習をやっていたら「過去問全部やっちゃった!」なんて人も出てきます。また「過去問以外のマーク問題もやっておきたい」っていう勉強熱心な人も必ず出ます。
そんな方はとりあえずこの問題集をやっておきましょう。
とても薄いですが解説は意外としっかりしていて良書です。

短期攻略センター古文

引き続きセンター演習用の問題集です。
オリジナル問題が10個掲載されていて、その解説がとても丁寧。
「なぜこの解答が正解なのか」を解説している参考書は多いですが「なぜこの解答が間違いなのか」を解説しているこの本のような参考書は珍しいです。
とにかく時間がない!という方におすすめの参考書です。

センター古文解法マニュアル

センターまでしか古文がない方にはとてもおすすめできる参考書です。
前半は基本的なことがらと単語などの古語の学習について。
後半は著者が生み出した古文を読む上での「8つのモノサシ」という独自の方法にについて学びます。
とてもよくまとめられた参考書で特に理系の方に使っていただきたいです。
ただし練習問題は少ないため別に問題集を買う必要があります。

センター古文 満点のコツ

こちらもセンター対策特化本です。
なのでこちらも理系におすすめ。
センター古文を解く上でのコツが細かく記されています。
またそのテクニックを用いて実際にどのように問題を解いていくかを過去問を用いて解説してくれているのが素晴らしいところです。
この参考書を終えてから過去問をやりこむと効果は絶大です。

源氏物語を3日で極める

センター試験にはそこそこの頻度で源氏物語が出題されます。
これを対策しないわけにはいきません。
源氏物語はストーリーの大枠さえ知っていればかなり読みやすくなります。
なのでこのようないわゆるマンガ本などでさらっと読んでおけば源氏物語が得意分野になるでしょう。

いかがでしたでしょうか?
古文のオススメ単語帳についてはこちらにも紹介しています!
>>古文単語帳徹底比較!【ゴロゴ、マドンナ、FORMULA 600】+α
自分にあった参考書を使って、センター試験を攻略しましょう!

センター対策は必ず予備校かスタディサプリで!

最後にはセンター古文全体の勉強対策について重要なことを書きます。。
過去問を中心に勉強するのはもちろん大切です。参考書を使って勉強することももちろん大切です。

しかし、最近のセンター試験は問題の傾向がドンドン変化しています。
去年までの問題のイメージで本番に望むと、大失敗する可能性があります。

そうならないためにも、センター対策は予備校かスタディサプリを絶対に利用しましょう。
予備校やスタディサプリなどの受験サービスは、センター試験の問題の予想に全身全霊をかけています。それが来年の生徒を集めるための大きな宣伝になるからです。
予備校に行くと「センター英語問2(3)の〜を講習で的中!」みたいな張り紙がならんでいますよ(笑)

予備校やスタディサプリは受験のプロです。そんなプロの予想は必ず対策に取り入れましょう。
特にスタディサプリは家でもどこでも、勉強ができるので、自分の勉強リズムを崩さずに勉強を進めることができます。
よくいるんですよねー。直前に予備校に通ってリズムを崩して、不合格になってしまう。受験生が。

センターだけのために予備校に通うのはバカらしいので、スタディサプリはオススメです!

最近、スタディサプリの躍進は本当に凄いです。
こちらの記事では、その凄さについて語っています。




受験生が活用すべきおすすめサービス3選

▼スマホで1分受験勉強!
スタディサプリ

▼図書カード1000円分全員もらえる!
スタディサプリ大学パンフ資料請求

▼高校生も勉強の合間にめっちゃ稼げる!
Pococha

楽しく毎日10時間勉強して自然と偏差値を爆上げする方法



・すぐ勉強に飽きてしまう
・受験勉強がつまらなくてしょうがない
・ついついゲームやテレビを優先してしまう
・E判定からの逆転合格を狙っている
・1日10時間以上勉強ができない
・やる気はあるけど行動に移せない
・いくら勉強しても偏差値が上がらない


こんな悩みを抱えていませんか?
これらの悩みを解決するために「楽しく毎日10時間勉強して自然と偏差値を爆上げする方法」題して「Enjoy Study Method」を無料で配布しています。

高学歴な学生ライターを率いる当メディアの叡智を結集した2万文字にも及ぶ限定コンテンツです。

LINE@にご登録いただければすぐに無料で閲覧することができます。ぜひ、今すぐ登録してください!