【数学】整式の意味とは?超わかりやすく解説してみた

受験生が活用すべきおすすめサービス3選

▼スマホで1分受験勉強!
スタディサプリ

▼図書カード1000円分全員もらえる!
スタディサプリ大学パンフ資料請求

▼高校生も勉強の合間にめっちゃ稼げる!
Pococha

数学で当たり前のように使われる整式と言う言葉。
問題でもよく見かけますが、この言葉の意味を正しく理解している人は意外と少ないのでは?

Wikipedia等のサイトで調べても、わかりやうい解説がなかったので、今回は整式の意味についてどこよりもわかりやく紹介してみました。

ぜひ、普段の学習にお役立てください!

今なら誰でも1000円もらえるキャンペーン中!

スタディサプリから大学・専門学校の資料請求を使うと無料で1000円分の図書カードがもらえます!
こんなチャンス中々ないので、受験生は急いで!!

整式の意味とは?一言で解説してみた

整式の意味をズバリ言うと…
単項式と多項式を合わせて整式と言います。

つまり、凄くざっくり言うと、単項式と多項式の総称が整式という解釈で構いません

ちなみに、単項式・多項式の意味についてもまとめておきます

単項式の意味とは?一言で解説してみた

単項式
数や文字およびそれらを掛け合わせてできる式

(例)
\(2\), \(y\), \(3y\), \(2x^2\), \(-5xy^2\)

多項式の意味とは?一言で解説してみた

多項式
いくつかの単項式の和として表される式

(例)
\(2+4y\), \(y+ab^2\), \(2x^2+y-4ab+35\)

整式ではないものもあるので注意!

\(\frac{1}{x}\)は単項式の「数や文字およびそれらを掛け合わせてできる式」に該当しないので、単項式ではなく、もちろん整式でもありません。

また$$x^\frac{1}{2}=\sqrt{x}$$も同じ理由で正式ではありません。

このように全てが全て正式に当てはまるわけではないので注意しましょう!

受験生が活用すべきおすすめサービス3選

▼スマホで1分受験勉強!
スタディサプリ

▼図書カード1000円分全員もらえる!
スタディサプリ大学パンフ資料請求

▼高校生も勉強の合間にめっちゃ稼げる!
Pococha

楽しく毎日10時間勉強して自然と偏差値を爆上げする方法



・すぐ勉強に飽きてしまう
・受験勉強がつまらなくてしょうがない
・ついついゲームやテレビを優先してしまう
・E判定からの逆転合格を狙っている
・1日10時間以上勉強ができない
・やる気はあるけど行動に移せない
・いくら勉強しても偏差値が上がらない


こんな悩みを抱えていませんか?
これらの悩みを解決するために「楽しく毎日10時間勉強して自然と偏差値を爆上げする方法」題して「Enjoy Study Method」を無料で配布しています。

高学歴な学生ライターを率いる当メディアの叡智を結集した2万文字にも及ぶ限定コンテンツです。

LINE@にご登録いただければすぐに無料で閲覧することができます。ぜひ、今すぐ登録してください!