文系数学の良問プラチカの特徴と勉強法を徹底解説

この記事を書いた人

今回はぼくが受験生のときに愛用していた参考書「文系数学の良問プラチカ」の紹介とその使い方について解説します。数学を二次試験における心強い武器にしてくれた すばらしい1冊です。

個人的には数学の参考書の中で1番良い参考書だと思っているので、特徴やレベルなどを理解してみなさんの志望校合格に役立ててください!

文系数学の良問のプラチカの特徴

選び抜かれた良問の数々

「文系数学の良問のプラチカ」の全体的な特徴の1つは演習に最適な良問が選び抜かれていることです。

どの問題もしっかりと考えさせることに焦点が置かれていてこの1冊きちんとを仕上げれば数学を武器にできることは間違いありません。難関国立大、難関私立大で数学を主戦力にして受験に臨みたいという人にはぜひ取り組んでほしいです。

難易度は最高峰

参考書の難易度としては文系数学ではトップレベルといっても過言ではありません。多くの問題が実際の難関大学の入試問題から引っ張ってきているもので、どれも一筋縄ではいかないものばかりです。

そのため、基礎が固まっていなくて中途半端な実力で使おうとすると必ず挫折してしまうため、使い始める時期も慎重に見極めなければなりません。

また対象は難関国立大、難関私立大の入試で数学の配点が高い、数学を武器にしていきたいという人です。

逆に数学は必要最低限でよく、ほかにもアドバンテージを取ることのできる科目があるという人にはあまりおすすめはできません。正直、その人たちが文系数学の良問のプラチカを使ってもオーバーワークになってしまいます。

あくまでも数学に時間を割くことができて、数学は合格への重要な科目だという人向けの参考書です。

解説の丁寧さもピカイチ

「文系数学の良問のプラチカ」のもう1つの特徴として親切すぎるほどの解説のわかりやすさが挙げられます。

実際に手に取ってもらった人にはわかると思いますが、問題よりも解説のほうに多くのページが割かれてます。この時点でなんだかただ者ではない雰囲気を醸し出していますね。ページ数もだてではなく解説の内容も大変充実しています。

ある程度までの基礎固めができており、「文系数学の良問のプラチカ」を使えるくらいの実力がついている人には解説を読んで「わからない」というところはほぼないはずです。

独学ですすめていくのもほとんど苦を感じず、着実に力をつけることができます。むしろ解説を読んでいて理解できないところが複数あるという人はまだ基礎の部分でどこかしらに穴があるはず。もう一度基礎固めからしっかり取り組みましょう。

わからないところが多いのに無理して進めていくのはおすすめできません。かけた時間のわりに問題が身に付かずその分の時間をむだにしてしまいます。

解説読んでしっかり読んでもきびしいなという人はもう一度基本事項の確認をしてみるのがいいでしょう。

エッセンスがたっぷりつまった149題

文系数学の良問のプラチカは全部で149題の問題が収録されています。その中でも文系数学では頻出の分野である微分・積分、確率、数列、ベクトルの問題はほかの分野よりも多めに掲載されており、さまざまな解法や発想をいくつも組み合わせなければ解けない難問ぞろい。

これらの難問を自分のものにしていくことで難関大学で求められている数学の力がおのずとついていくことでしょう。できなかった問題を中心にできる限り何回も解いて各問題に込められたエッセンスを余すところなく吸収していきましょう。

文系数学の良問のプラチカの使い方と注意点

文系数学の良問のプラチカを使い始める時期に注意!!

使い始める目安の時期としては基礎の内容が終わった秋から冬で大丈夫です。

上にも書きましたが、まちがっても「志望校は難関大学で、早く数学の偏差値上げたいから今から始めちゃお」みたいな感覚ではやらないでください。まちがいなく途中でくじけます。最悪の場合は数学が嫌いになってしまいます。

焦らずに一歩一歩着実に基礎的なことからやっていきましょう。それから使いはじめても全然遅くありません。
実際にぼくが文系数学の良問のプラチカを使い始めたのは10月の終わりごろだった気がします。センター試験との勉強と平行させながら地道に解いていきましたが、2月の二次試験までには少なくとも3周はやりました。冬頃から使い始めてもこなすことは全然できるので、まずはしっかりとした基礎学力をつけていきましょう。

1問1問に全力投球するべし

基礎固めの時期の勉強では自力で問題を解いていくというよりは、ある程度考えてみて解法が浮かばなかったら答えをみて解き方を自分の中にストックしていくというような勉強をしている人が多いのではないでしょうか?この勉強方法は正しいやり方でぼくも実際に問題の解き方を覚えていくスタイルで勉強をすすめていました。

しかし、入試までの日数が少なるにつれてこのインプット型の勉強から徐々にアウトプット型の勉強に変えていく必要があります。
文系数学の良問のプラチカは、このアウトプット型の勉強において絶大な力を発揮してくれます。

なぜなら、載っている問題は今までにインプットしてきた解法を複数組み合わせていかなければ解くことができないからです。これは知っている知識を使える知識にするために大変有効な勉強なので全力で取り組みましょう。
実際の解き方としてはまず本番の入試問題を解いている感覚でやりましょう。途中で分からなくなってもすぐに答えを見るのではなく、できる限り頭を使って自分なりの回答を作るのが大事です。

ここでわからないからといってすぐに答えを見てしまうと、せっかくの文系数学の良問のプラチカの問題の良さが半減してしまいます。答えを見たい気持ちはとてもよくわかりますが、そこはグッとこらえて1問1問に食らいついていってください。そうすれば、たとえ答えまでたどり着けなくても答えをみて学んだ解法は記憶に強く残るはずです。

1問にかける時間の目安はだいたい30分前後くらいがいいです。国立・私立両方の問題と制限時間を見てみてもだいたい1つの大問につき25分~30分くらいの時間で解ければ一通り終わるようになっています。試験への訓練も兼ねて30分近く1つの問題を考えられるようにしましょう!

解答の良いところを盗む

上に書いたやり方で解いていくと正直かなり疲れます。試験本番は答え合わせはしなくていいですが、演習で問題を解いた後は自分で答えも確認しなければなりません。ここでもうひと踏ん張りして厳しく自分の答えを採点してみてください。

おすすめのやり方は「いつも仕事にケチをつけてくる上司のように」です。どういうことかというと、自分の記述した内容に文句をつけられるところがないかと目を光らせて見てみてください。そうすれば、答えの根拠の甘いところや自分の悪いクセなどが見えてくるはずです。

「文系数学の良問のプラチカ」の答えと解説はめちゃくちゃ詳しいので、自分の解答と模範解答を比較して答案の質を上げていきましょう。その際に解説のいいところ盗んで自分のものにできたら完璧です。
長いですががんばってここまでやりましょう。答え合わせも時間はけっこうかかります。ですが、時間をかけるだけの価値がある作業です。間違えた問題に関しては解法を頭に入れてもらえれば大丈夫です。何回も解いて必ず自力で解答を作れるようになりましょう。

もしプラチカの解説を読んでもわからない分野があったら、スタディサプリ などで補填しましょう!
授業形式の学習法は時間はかかりますが、理解の促進は参考書よりも断然高いです。
スタディサプリは単元別に細かく授業がわかれているので、自分のわからないところだけをピンポイントで潰していきましょう!
特に数学を担当する山内恵介先生は「数多くの数学アレルギー者の蘇生術に成功」と紹介されているだけあって、授業のわかりやすさは天下一品です。




解けなくても気にしない!

はっきり言ってどの問題も半端なく難しいです。だから最初は全然正解できなくても心配する必要はありません。

夏休みにはめちゃくちゃ勉強をし、基礎固めをちゃんとやり、それなりに自信もついてきたところで出鼻をくじかれ思わず涙があふれそうになったぼくのような人がきっとたくさんいるので大丈夫です。

もちろん正解をすることも大事ですが、1番の目的は今までにインプットしたことを取り出して組み合わせる練習をすることです。入試本番までにできるようになればいいので、変に落ち込んだりせずに間違えるのが当たり前くらいの気持ちでやってみてください。

1日に解く問題量と理想的な進め方

まず1日に解く問題の目安は3〜4問です。このくらいの分量ならがんばれるはずです。

ちなみに、ぼくは一度1日に10問くらい進めようとチャレンジしたのですが、受けるダメージ、のしかかってくる疲労感に見事にやられてしまいすぐに断念しました。一気に進めるのはおすすめしません。3~4問を丁寧やるのを継続していくのが1番いいやり方だと思います。
参考書を1周するペースはだいたい1カ月半くらいが理想ですね。

できればセンター試験前に1周目を終わらせてほしいですが、受ける大学によってセンター試験の重要度もちがってくるので、無理にやる必要はないです。ぼくなんかは二次試験の比率がセンター試験の2倍だったので12月前までは二次試験対策とセンター対策を同時にやっていました。

何はともあれ1周してしまえばあとはどんどん楽になっていくので早めに終わらせてしまうことをおすすめします。

最後に「結局、何周したらいいのか?」ということについて。最低でも3周はしましょう。もっと言えば、時間の許す限り繰り返してほしいなと思います。

また、志望校の過去問を解いていくと「微積の問題が毎年出てるな」、「数列はもう10年以上出てないじゃん」のような傾向がつかめてくるので、ある程度繰り返せたら頻出の分野の問題にしぼってやっていくのが良いです。ぼくの大学の数学は微積と確率の問題が大好きだったので、微積と確率の問題は5、6回やりました。

最終的には自分の受ける大学の問題のの特徴に沿って復習をする優先順位を決めていってください。

「文系数学の良問のプラチカ」オススメですよ!

スタディサプリで数学の苦手を克服

そもそも、数学の勉強は英単語や社会科目のように暗記でなんとかなるものではありません
正しい知識をしっかりと理解しなければ、いくら時間をかけても無駄に終わってしまいます。
なので、数学が苦手な人は、特に授業での理解が必須です。
逆に質の高い授業で基礎をしっかりと固めれれば、最速で数学を攻略することが可能です!

ただ、予備校に通うとなると、手続きもめんどくさいですし、「積分の授業だけを受けたい!」というようなピンポイントな学習は不可能です。
それに、あなたも手続きなんかに無駄な時間をとられたくないですよね?

それに比べて、スタディサプリは月額980円(2週間は無料で使い放題)で予備校と同レベルの授業を受けられる超お得なサービスです。

  • 会員登録は3分で終了
  • 2週間は無料でお試し使いたい放題
  • 会員登録後、すぐに動画授業を受けられる
  • 好きな単元(平面図形、微積、確率など)の授業だけ受けられる

さらにスタディサプリ の数学は、数多くの数学アレルギー者の蘇生術に成功したと言われている山内先生面白い独特のリズムで授業を展開する堺先生が担当しています。

本当に数学の苦手を克服したいなら、今すぐ無料登録してみましょう!




楽しく毎日10時間勉強して自然と偏差値を爆上げする方法



・すぐ勉強に飽きてしまう
・受験勉強がつまらなくてしょうがない
・ついついゲームやテレビを優先してしまう
・E判定からの逆転合格を狙っている
・1日10時間以上勉強ができない
・やる気はあるけど行動に移せない
・いくら勉強しても偏差値が上がらない


こんな悩みを抱えていませんか?
これらの悩みを解決するために「楽しく毎日10時間勉強して自然と偏差値を爆上げする方法」題して「Enjoy Study Method」を無料で配布しています。

高学歴な学生ライターを率いる当メディアの叡智を結集した2万文字にも及ぶ限定コンテンツです。

LINE@にご登録いただければすぐに無料で閲覧することができます。ぜひ、今すぐ登録してください!