【対策】MARCHに合格するための国語勉強法

受験生が活用すべきおすすめサービス3選

▼スマホで1分受験勉強!
スタディサプリ

▼図書カード1000円分全員もらえる!
スタディサプリ大学パンフ資料請求

▼高校生も勉強の合間にめっちゃ稼げる!
Pococha

この記事を書いた人
4379656374610
執筆者:せいこ

中央大学法学部3年

ブログ :てんてんてん

わたしは現役時代にはボーッと一年間を過ごし浪人しました。
浪人時代には勉強勉強でしたね。 そのおかげで、明治・青山学院・立教・中央大学に出願し全てに合格することができたんです。

MARCHの国語は、おそらく他の科目(英語や日本史や世界史等)に比べて比較的簡単であり、いかに得点を落とさないか、ミスをしないか、が求められるでしょう。

現代文はどの試験方式でも出題されるので、漢字や語句などを落とさないようにします。古典(古文・漢文)に関しては、だいたい出題されるのですが、法則やルールを覚えてしまえば点数は取れます。

わたしはMARCHの試験で漢文を使わなかったので、今回は割愛させていただきます。では、大学別に対策を立ててみましょう。

今なら誰でも1000円もらえるキャンペーン中!

スタディサプリから大学・専門学校の資料請求を使うと無料で1000円分の図書カードがもらえます!
こんなチャンス中々ないので、受験生は急いで!!

MARCH大学別国語対策

青山学院大学の国語対策

青山学院大学の国語は、現代文と古文の出題が基本です。漢文はほとんど出題されません。ただ、学部や試験方式によって出題科目が異なるので、正確な情報を必ず確かめてください。

現代文は、他のMARCHの大学と比べても優しく、素直な問題が多いです。問題量も多くなく、時間に余裕ができるかもしれません。
点数を取りにくというよりは、いかにして点数を落とさないか、が合否の分かれ目。
どの問題も本文中に根拠が必ず載っているので、段落構成や本文の趣旨を読み取ることができれば、答えは見つけられるでしょう。

古文は、文法や語句を問う問題や本文の解釈を尋ねる問題が出題されます。いずれにせよ、まずは文法の基本から押さえていくことが大切です。それと並行して、古文単語も覚えるようにしましょう。

単語レベルも、大学受験用に使用している単語帳1冊をマスターすれば対応できますよ。

 

明治大学の国語対策

明治大学の国語は、現代文と古文が基本となり、漢文は文学部でのみ出題されます。

現代文は論説文が好んで出題され、特に法学部や政治経済学部の問題は、他のMARCH大学の中でも解き難いかもしれません。
本文を理解するために、何を言いたいのか、どの段落で何を主張しているのか、対比になっている語句や同意義で使用されている語句を読み取る必要があります。
これには日頃からの訓練が必要となり、ただ覚えるだけで身につくようなことではありませんので、早めに対策を始めましょう。

古文は、そんなに難しくありません。引っ掛けた問題はなく、基本的な問題が多いので、ここで点数を落とさないようにしましょう。文法や単語だけでなく、和歌の対策も怠らないようにしてください。
本文の内容に関しては、有名どころの内容がよく出題されています。
教科書に出てきたり、何度も見かけるような物語は、ある程度内容を覚えてしまうと、問題が解きやすくなりますよ。

 

立教大学の国語対策

立教大学の国語は、現代文と古文が出題され、文学部では漢文も加えて出題されます。
試験時間の割に問題量が多いことが特徴です。

問題を解くスピードに加え、他の受験生も解ける問題なのか、誰も解けないレベルの問題なのか、見極めながら進めることがポイントですよ。

試験時間が75分間あり、その中で現代文、古文に割りあてる時間配分をしっかりしておくためにも、時間を意識しながら過去問をたくさん解いてみてください。
ちなみに、立教は問題文の文字が他の大学に比べて小さく、試験の時に驚いたことを今でも覚えています(笑)

現代文は、マークシート方式に加えて短い記述も出題されます。
MARCHレベルの私立大学での現代文入試に、記述は珍しいものです。
だからと言って、焦る必要はありません。記述は本文が何を言いたいのか、どこがキーワードとなっているのかを見つけることができれば、それを中心にまとめれば完成です。

古文は、有名な物語がよく出題され、問題もオーソドックスなものが多いです。文法や単語は基礎となる部分がしっかりしているか何度も確かめてください。
無駄に難易度の高い問題を解いたりすることのないように、立教大のレベルにあった問題で練習しましょう。

 

中央大学の国語対策

中央大学の国語は現代文と古文が、文学部のみで漢文が出題されます。

現代文は、学部に関係なく社会や言語、科学や思想など多岐にわったテーマで問題内容が作成されています。やや内容が硬めで読み難いかもしれませんが、設問は比較的わかりやすいですよ。
本文で何を言っているのか、どの段落に注目しているのか、を意識して読み込む練習をしていきましょう。
得点を落とさないようにしたいのが、漢字です。
読み書き両方出題されるので、甘く見ることなく日頃から漢字の勉強を習慣づけてください。

古文は、明治立教と続いて有名作品からの出題が多くなっています。
文学史を含めて、内容も頭に入れておくと試験に役立つでしょう。
設問は文法や内容把握の比重が重くなっています。文法は基本的なことを覚えておけば解けるレベルです。内容把握も文法や古語を知っていないと解けないので、そのためにも基礎となる部分は最低限頭に入れてください。

 

法政大学の国語対策

法政大学の国語は、学部によって出題科目が異なっています。 現代文だけ、現代文と古文、現代文と古文と漢文の3パターンあります。

現代文は、MARCHの中でも標準的な問題レベルです。
問題文が難しいとしても、基本的な設問が多いので、ひとつでも落とすと痛手になってしまうでしょう。ケアレスミスも然り、一問も落とさない意気込みで試験を受ける必要があります。
ただ、試験時間に対して問題数がかなり多いです。時間配分をどうするか、過去問をたくさん解いて自分に合った配分を作っておいてくださいね。

古文も、基本的なことを多く問われます。
文法や単語など、基礎的な部分をしっかりと勉強しておけば、なんなく対応できることでしょう。
ここでも、時間配分は重要となってくるので時間に焦りを感じても動じないくらい、勉強内容を頭に叩き込んでおいてください。

 

MARCH現代文は「徹底攻略GMARCHの国語」で対策!

現代文は受験において、最も勉強法がわからない科目でしょう。「現代文はセンスだよ〜」という言葉は聞いたことあるのでは?

わたしは現代文はセンスだとは思いません。勉強法はあります、テクニック的なことも大切だし、本文を理解するために練習を積み重ねることも大切です。

MARCHレベルになると、テクニックだけでは太刀打ちできないでしょう。本文の意味や言っていることを理解する練習が必要となりますが、これは覚える作業ではないのでもちろん、時間がかかります。

ちなみに、MARCHの試験では小説はほとんど出題されません。受験用の評論問題において本文が言いたいことは、だいたいひとつしかありません。そのひとつを見つけることが大事です。

本文の主張を見つける練習には、本文の要約が有効です。
わたしは解いた問題は必ず、本文要約をしてきました。200字、100字、20字と三段階に分けて本文中のキーワードやポイントとなる文章を発見する練習です。

要約したら先生に見てもらっていたのですが、最初はもちろん見当違いなことばかり書いていました。要約練習が直接点数に結びつき出したのは9,10月あたりです。

かなり時間がかかりますが、必ず点数に結びつきます。一度点数が伸びると、あとはそれをキープするか超えることしかありません。

付け刃ではない、本物の力がつくことでしょう。

テクニック以上に、要約する力をつければMARCHの現代文は簡単に感じるレベルまでに到達することができますよ!

試験直前期には「徹底攻略!GMARCHの国語―学習院・明治・青山学院 立教・中央・法政 (駿台受験シリーズ)」を使ってMARCHに向けた総仕上げをしてみましょう。この参考書はMARCHに特化した問題集となっているので、MARCHのポイントを詳しく知ることができ、かなりオススメです。

 

MARCH古文文法は「吉野式スーパー古文敬語完璧バージョン」で対策!

この記事を読んでるあなたは古文単語を覚えることが得意でしょうか?
わたしは正直なところ、苦手でした。というか、ぶっちゃけ嫌いでしたね(笑)

受験勉強を嫌ったところで落ちるのは自分なので、なんとか覚えましたが…。単語といえども、英単語ほど力を入れて覚える必要はありませんよ。

古文の単語帳は何か一冊持っていますか?わたしは高校生の時に買った「わかる・読める・解ける Key & Point 古文単語330」というものを大学に合格するまで使っていました。

今は、ゴロゴに代表されるようにゴロで覚える単語シリーズがたくさん売られています。学校で配られたものでもよし、ゴロで覚えるものでもよし、これという一冊を自分で決めて下さい。

こちらの記事も参考になりますよ!

参考書は志望大学の偏差値に合ったものを使用しなければ、合格から遠ざかってしまいます。わたしの場合は、古文の先生に「この単語帳でこの大学は受かりますか?」と直接聞きました。

参考書が決まったら、いざ一ページ目からスタート…ではありません!一ページ目から律儀に進めて完全に覚えられる受験生なんて、そうそういません。

単語苦手〜と感じてるあなたも、一ページ目から始めようとしてませんか?
どこから始めれば良いのかというと、古文の問題を解いたり、授業の予習をしたりして現れた単語を単語帳で探してみるのがgood!!です。

単語帳をあたかも、古語辞典のように使用していると古文の先生に何か言われるかもしれませんが、古文の比重が軽いMARCHを受けるなら、心苦しいですが無視しましょう。

新しく出てきた単語、二回目の単語、それぞれあることでしょう。
わたしは間違えたり、知らなかった場合には、一回目、二回目、三回目、、、とそれぞれ「正の字」を単語の隣につけていました。

自分がどの単語が苦手なのか、MARCHレベルの試験で頻出の単語は何なのか、自動的に可視化することができます。
目に見えるようにすることで、どこが苦手なのかがハッキリとし、なかなか勉強時間を割きたくない古文も効率的に勉強してください。

ただ、印をつけたところで覚えられない!という方もいるでしょう。
実際わたしもそうでした(笑)

古文の勉強をした日の夜、単語帳で今日印をつけた部分をもう一度眺めてみてください。
「そういえば、こういう文章でこう間違えたんだな〜」とか「先生がこう覚えるといいって言ってたな」とか、単語を見るときに小さなエピソードなども一緒に思い出してみましょう。

不思議なことに、テストや問題で単語を見たときそのエピソードが鍵となって単語の意味を思い出すことができるのです!

なかなか覚えられないという人は、必要性もなく暗記しようとしがちです。
丸暗記は覚えたとしても忘れるのも早いので、何かひとつでも小さな出来事と結びつけておくだけで覚えるのが楽になります。

そして古文単語よりも力を入れたいのが古文文法!
文法はルールを覚えていないと、文章自体を読むことができません。文法に関しても文法用の参考書を一冊用意しておくと便利です。

わたしは「完全マスター古典文法」と「吉野式スーパー古文敬語完璧バージョン (快適受験αブックス)」の2冊を使用していました。

「完全マスター古典文法」は高校で配られたので、浪人時も引き続き使いました。「吉野式スーパー古文敬語完璧バージョン (快適受験αブックス)」はわたしは古文の中でも敬語が苦手だったのですが、何かわかりやすい参考書はないかと探していたところ、この本に出会いました。

文法書は単語帳と同じく、予習復習時にわからない部分、確認したい部分を引きます。

それに加えて、この分野が特に苦手!というときは、特定の分野を詳しく解説してある参考書を買って読むことをオススメします。
わたしは敬語の参考書を古文の勉強時間内で読んでいました。問題ときに飽きたときや古文勉強始めるぞというスタートダッシュに読んでみるのも良いですね!

スタディサプリ

スタディサプリ 月額980円(2週間は無料で使い放題)で予備校と同レベルの授業を受けられる超お得なサービスです。

  • 会員登録は3分で終了
  • 2週間は無料でお試し使いたい放題
  • 会員登録後、すぐに動画授業を受けられる
  • 好きな科目の好きな授業だけ受けられる

個人的には現代文は参考書よりは授業形式で勉強することを強くおすすめします。
参考書で独学するメリットは、短い時間で多くの情報をインプットできるところにあります。
例えば、日本史の近代史を勉強しようと考えた時に、全てを授業で暗記しようとすると、莫大な時間がかかってしまいますが、参考書で暗記を進めれば、大幅に時間を短縮できます。

逆に授業のメリットは理解促進にあります。単純な話ですが、文字だけで説明されるよりも、先生が黒板を使いながら、授業形式教えてくれたほうが、わかりやすいに決まっています。

少し話はそれましたが、何が言いたいかというと、 現代文は暗記よりも正しく理解することがとても重要なので、授業形式で勉強するほうが効率が良いということです。

さらにスタディサプリの現代文は、Z会東大進学教室でも授業をされていた小柴先生が担当しています。
板書では色分けされた教材を貼り付けて、視覚的に解りやすい工夫がされていて「スッ」と頭に入ってきます。喋り方も独特で本当に面白い授業を展開してくれます。

本当に現代文の苦手を克服したいなら、今すぐ無料登録してみましょう!




受験生が活用すべきおすすめサービス3選

▼スマホで1分受験勉強!
スタディサプリ

▼図書カード1000円分全員もらえる!
スタディサプリ大学パンフ資料請求

▼高校生も勉強の合間にめっちゃ稼げる!
Pococha

楽しく毎日10時間勉強して自然と偏差値を爆上げする方法



・すぐ勉強に飽きてしまう
・受験勉強がつまらなくてしょうがない
・ついついゲームやテレビを優先してしまう
・E判定からの逆転合格を狙っている
・1日10時間以上勉強ができない
・やる気はあるけど行動に移せない
・いくら勉強しても偏差値が上がらない


こんな悩みを抱えていませんか?
これらの悩みを解決するために「楽しく毎日10時間勉強して自然と偏差値を爆上げする方法」題して「Enjoy Study Method」を無料で配布しています。

高学歴な学生ライターを率いる当メディアの叡智を結集した2万文字にも及ぶ限定コンテンツです。

LINE@にご登録いただければすぐに無料で閲覧することができます。ぜひ、今すぐ登録してください!