工学部の授業や就職先を現役国立大学生が超詳しく解説!

受験生が活用すべきおすすめサービス3選

▼スマホで1分受験勉強!
スタディサプリ

▼図書カード1000円分全員もらえる!
スタディサプリ大学パンフ資料請求

▼高校生も勉強の合間にめっちゃ稼げる!
Pococha

こんにちは。工学部、学生ライターのともよしです!
今回は工学部とはどんな学部なのか紹介します。

  • 工学部の授業ってどんなの?
  • 工学部の進学・就職が知りたい

こういう問いに答えられるお話をしたいと思います。
それではよろしくお願いします!

今なら誰でも1000円もらえるキャンペーン中!

スタディサプリから大学・専門学校の資料請求を使うと無料で1000円分の図書カードがもらえます!
こんなチャンス中々ないので、受験生は急いで!!

名古屋大学工学部卒の「ともよし」です

ぼくは名古屋大学工学部、化学・生物工学科を卒業し、現在も名古屋大学で大学院生をやっています。

工学部を選んだ理由は次の通りです!

  • 「とにかく化学の研究がしたかった」

これで、受験学部の候補が、工学部、理学部、薬学部に絞れました。

  • 学問の発展に貢献するよりは、実用性を重視したいなと考えた」

その結果、やはり工学部で学んだおかげで「社会でどう役立つのか?」を考えるクセが付くようになりました。なので今でも、工学部を選んでよかったと思っています。

ちなみに、大学受験の受験科目は、

  • センター試験:「英語、数学、国語、化学、物理、地理」、
  • 二次試験:「英語、数学、物理、化学」

旧帝大レベルだとこれくらいの科目数、地方国公立大学だと、二次試験で数学と理科のみ、とかいう場合もあります。

そういえば、名大合格が決まってから、スベリ止めで受けるはずだった地方国公立大の後期試験を記念受験したんです。三重大学工学部の後期は、化学のみで受験可能でした。化学は得意だったので余裕で解けて楽しかったです!笑

旧帝大クラスを受験する人で学費の高い私立に行きたくない人は、ぼくみたいに国公立大の後期試験をスベリ止めにするといいと思います。

 

工学部とはどんなところ?

次は工学部の特徴をQ&A形式で説明していきたいと思います!

工学部ってどんなところ?

工学部は、いろいろな学科があります。ぼくが所属している名古屋大学では、

  • 化学・生物工学科
  • 機会航空工学科
  • 電気電子情報工学科
  • 物理工学科
  • 社会環境工学科

こんな学科がありました(2017年くらいで学科の編成が変わるみたいなので、受験する方はお気をつけください)。たいていの大学では、出願時に学科を選ぶと思いますが、様々な分野から選択することができます。

自分の学部とそれ以外の理系学部を見比べていると、実際、理系学部間でも似ている研究はあると思いました。
ぼくの専門である「有機化学」だけみても、工学部だけでなく、理学部や農学部でも勉強・研究をすることができます。

ただ、それぞれの学部には、「傾向」というものがあります。

  • 工学部は「実用性を重視している」傾向
  • 理学部は「純粋な科学を追究する」傾向
  • 農学部では「農学や生物」の関連付けて考える傾向
  • 薬学部では「薬の開発・研究に貢献するんだよ!」っていう傾向

学部を選ぶ際にどれがいいかわからない場合は、それぞれの学部のイメージを考えて、直感で「興味ありそう」と思う所に行けばいいんじゃないかな?というのが正直な感想です。

 

工学部ってどんな学生が多いの?

残念ながら、男子が多いです 笑。
化学や生物系は若干女子が多めで、男子は7,8割。
物理、機械、航空、電気、情報なんかは男子が99%くらいだったはず 笑)

あとは我が道を行く人が多いですかねぇ笑
人の目を気にしないというか…

チェックシャツが多い、というのはあながち間違いじゃないのかな?笑
あくまで傾向ですが。
もちろんオシャレな人もいますよ!

 

工学部はどんな授業があるの?

工学部では、1年生で多くの教養科目を終えて、2,3年生で専門科目をたくさん勉強する人が多いです。
1,2年生で教養科目の他に理系科目として

  • 数学(微分・積分・線形代数など)、
  • 物理(力学・電磁気学など)、
  • 化学の基礎

だいたいこんなことを学びます。

2,3年生の専門科目は、ぼくの学科(化学・生物工学科)の場合、

  • 化学(有機・無機・熱・量子・分析など)
  • 生物(生化学、生物有機、生物工学など)

を勉強しました。

 

工学部ではどんな資格がとれるの?

資格について。ぼくの学科の場合、とるとしたら、

  • 教員免許
  • 危険物取扱者

などです。
ですが、おそらくほとんどの人は資格を取ってないと思います。
ぼくも資格をとる予定もありません。

 

工学部ってどんな授業なの?

工学部の授業では、

  • 1年生で教養科目中心に勉強
  • 2年生から専門科目中心に勉強

授業の進め方は、基本的には高校と同じ。ただ、すべての内容を事細かに教えてもらえるわけではなく、分からない所、もっと知りたい所があれば自分で調べて勉強していく感じです。

テストは、先生によって全然違います。

  • テスト範囲を言うだけの先生
  • 出る問題を教えてくれる先生
  • 毎年ほぼおなじ問題を出す先生

毎年似た問題を入れる先生は多いので、テスト対策の基本は、過去問です。
過去問の入手は人脈で決まってくるので、テストで良い点をとるためには友達が多い方が有利です笑

次はレポートの話です。
工学部で一番大変なレポートは実験レポートでした。
3年生では、週3回か4回、13時から18時まで実験、みたいな授業があるのですが、この実験のレポートが大変です。
実験手順、結果、考察、課題などを10ページ、20ページと書かなければいけません。

特に、課題の部分を自主的にしっかりやることで力がつくので、真面目にやれば調べる時間書く時間など、相当の時間がかかります。
でもこれは自分の成長につながるので、みなさんは辛くても積極的に取り組むようにしてくださいね!

 

工学部の就職先について

名古屋大学の工学部では、ほとんどの人が進学します。だいたい9割の人が大学院に進学して、その1割〜2割の人は、博士課程まで行きます(ぼくもその内の1人)

逆に学部卒で就職する(全体の1割くらい)場合は化学メーカーなどに就職する人がいます。
ただ、卒業までに深い専門性を身につけられるわけではないので、文系就職する人もいます。

人の価値観を否定しているわけではありませんが、「ぼくの場合」、深い専門性を身につけて、専門性を活かした仕事がしたかったので、学部卒での就職は全然考えていませんでした。

また、修士卒(大学院卒)の人は、多くが化学メーカーに就職します。
これも博士課程に進学した、僕の意見ですけど、修士卒(学部卒業後さらに2年間)でも、中途半端な専門性しか身につかないなと思いました。

  • 研究を1人でできるようになってくる「伸び盛り」に就職するのはもったいない
  • これじゃ「研究者」じゃなくてただの「技術者=マニュアルがあれば作業がうまくできる人」になってしまう

という気持ちがあったので、博士課程に進学しました(もちろん、修士卒でぼくより優秀な人材は山ほどいるとは思いますが)

博士卒の人は、化学メーカーに行く人もいますし、製薬企業にいく人もいます。製薬企業はわりと深い専門性が要求されるので博士人材は重宝されます。

 

工学部を目指す受験生へ一言!

以上、工学部の授業や進路についてお話してきました!
今回の工学部の情報はお役に立てましたでしょうか?
あまり長くならないように気をつけたのでまだまだ工学部のお話をすることができます!

受験生のみなさん、

  • もっと聞きたいこと
  • もしくは勉強相談
  • 人生相談
  • 受験の悩み相談など

があれば、遠慮無くぼくに連絡をください!
下のどちらかにメッセージを送ってくれればいつでも相談にのります!

Twitter:「@tomo141」
メール:「genkiyoshi.tomoyoshiあっとまーくgmail.com」
までお願いします!

みなさん、悔いの残らないよう、最後まで全力で走り抜けてください。
みなさんからのメッセージ、お待ちしています。

この記事を書いた人
4395835316235
執筆者:ともよし

名古屋大学工学部出身

博士課程2年

元気よしのともよしブログ

受験生が活用すべきおすすめサービス3選

▼スマホで1分受験勉強!
スタディサプリ

▼図書カード1000円分全員もらえる!
スタディサプリ大学パンフ資料請求

▼高校生も勉強の合間にめっちゃ稼げる!
Pococha

楽しく毎日10時間勉強して自然と偏差値を爆上げする方法



・すぐ勉強に飽きてしまう
・受験勉強がつまらなくてしょうがない
・ついついゲームやテレビを優先してしまう
・E判定からの逆転合格を狙っている
・1日10時間以上勉強ができない
・やる気はあるけど行動に移せない
・いくら勉強しても偏差値が上がらない


こんな悩みを抱えていませんか?
これらの悩みを解決するために「楽しく毎日10時間勉強して自然と偏差値を爆上げする方法」題して「Enjoy Study Method」を無料で配布しています。

高学歴な学生ライターを率いる当メディアの叡智を結集した2万文字にも及ぶ限定コンテンツです。

LINE@にご登録いただければすぐに無料で閲覧することができます。ぜひ、今すぐ登録してください!