【保存版】古文勉強法大辞典【偏差値30から70へ】

受験生が活用すべきおすすめサービス3選

▼スマホで1分受験勉強!
スタディサプリ

▼図書カード1000円分全員もらえる!
スタディサプリ大学パンフ資料請求

▼高校生も勉強の合間にめっちゃ稼げる!
Pococha

この記事を書いた人

今回は古文の勉強法について紹介します。
古文というと、どうしても苦手な人が多い科目。文系の人でも苦手と感じている人が多いはずです。
理系の人の中には、はじめから捨ててしまっている人もいるのではないでしょうか。

多くの高校生を苦しめている古文。
ですが、ちゃんとした勉強をすれば短期間で得点を伸ばすこともできます。

それに加えて、苦手な人が多いぶん、古文を得点源にできればそれだけでライバルよりも有利になることまちがいなし。

「今は古文が苦手だけど、克服してまわりに差をつけたい!」と思っているみなさん!
ぜひこれから紹介する勉強法や問題集を参考にして、古文を得点源にしていきましょう!

今なら誰でも1000円もらえるキャンペーン中!

スタディサプリから大学・専門学校の資料請求を使うと無料で1000円分の図書カードがもらえます!
こんなチャンス中々ないので、受験生は急いで!!

おすすめの古文単語の暗記法

古文でも1番の基礎となるのはやはり古文単語。
単語を地道に覚えていくという勉強は避けては通れません。

ですが、古文単語って英単語と比べるとかなり覚えづらいですよね・・・
ぼくも受験生のときはかなり苦労しました。

それなので、少しでも古文単語を覚えやすくなる勉強法をここでは紹介していきます。
覚えるべき単語の数は多くはないので、焦らずこつこつとやっていきましょう!

 例文の中で古文単語を暗記

古文単語は英単語のように覚えようとしても、びっくりするくらい頭に残りません 笑
それなので、単語帳にのっている例文の中で覚えてしまうのがおすすめ。
特に、1つの単語で意味が複数あるのものにはかなり有効なはずです。

また、文の中で覚えるというのは実戦にも近いため、古文に慣れてくるというメリットも。
余裕があれば、文の中の文法事項を確認することで文法の勉強もできてしまいます。

工夫しだいで単語だけでなく、古文の総合力を鍛えられる勉強法なのでお試しあれ!

語呂合わせで古文単語を暗記

なかなか古文単語を覚えられない人は語呂合わせを使って覚えてみましょう。
自分で考えるのもよし。人に聞くのでもよし。調べてみるのもよし。
語呂合わせで覚えられる単語帳もあるので、興味があれば使ってみるのもいいですね。

ただし、語呂合わせだと意味が複数あっても1つしか覚えられないことが多いです。
最初は語呂合わせで覚えて、後から知識を肉付けしていくとよりいいですね。

おすすめの古文単語帳

わかる・読める・解ける key&point 古文単語330

単語1つ1つに対して意味のニュアンスの説明がついているため、理解をしながら暗記ができます。
意味それぞれに例文もついているので、文の中で覚えることも可能。

また付録として、単語のほかにも重要な文法や古文常識がのっているのできちんとやれば古文の力はかなりつくはず。
内容も頻出な単語がまとめられているので、初心者から受験生まで幅広く使える単語集です!

古文単語ゴロゴ

古文単語を語呂合わせで覚えるかなり有名な参考書。
面白い語呂合わせとインパクトのあるイラストは記憶にかなり残ります。

古文単語にとっつきにくい人はゴロゴで慣れていくのも手かもしれません。
(ただ、下ネタな感じのゴロもあるので、そういうのが苦手な人は避けてください 笑)

読み解き古文単語

ある程度の単語は覚えてしまったけれど、もっと古文単語を極めたい人向けの単語集。
あまり見かけない単語もありますが、ここまでやれば知らない単語はほとんどなくなるはずです。

ちょっとマニアックな部分もあるので、古文を入試での武器にしたいという人向けの参考書。

古文単語の覚え方についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

おすすめの古文文法勉強法

単語に引き続いて大事なのは古文文法。
センター試験などでも、文法の問題単体で出題されることも多いですね。

文法があいまいだと、読解のときにけっこう苦労するので手を抜かずにやっていきましょう。

助動詞は語呂合わせや歌で覚える

古文文法の中で最も大切な文法事項である助動詞は、覚えることがとにかく多い。
助動詞が覚えられなくて古文をきらいになる人も多いのではないでしょうか。

まともに覚えようとしても、おそらく全然頭に残りません。
それなので、助動詞の意味や接続は語呂合わせや歌を利用して覚えましょう。

助動詞を覚える歌というのはけっこう有名らしいので、調べればたくさん出てきます。
種類もいろいろあるので気に入ったものや、自分オリジナルのものでもいいですね。
ちなみに、ぼくも高校の先生が作ったオリジナルの歌で覚えました。 笑

最初は歌や語呂合わせで覚えて、使っているうちに歌なしでも出てくるようになってきます。
勉強の初めの段階として、歌や語呂合わせを上手に活用してみてください!

敬語は尊敬語・謙譲語・丁寧語をしっかり区別

敬語は助動詞の次にやっかいな文法事項ですね。
ですが、敬語をちゃんと理解していれば、登場人物の関係や文の主語など分かることが多くなってきます。
それなので、やはり文章をしっかり読んでいくためには敬語は必須の知識。

敬語の勉強でまずやってほしいことは、敬語を尊敬語・謙譲語・丁寧語の3つ分類して覚えること。
この3つ分類がしっかりできていないと文章を読んでいていて大変なことが起こります。
例えば、貴族がしゃべっているなと思っていたら実は天皇でした、みたいな感じ。

こんなときは敬語が主語を決める手掛かりになる可能性があります。

古文では主語の省略がかなりされるので、問題でも問われることが多い。
そのため、選択問題ではまずは主語が分かっているかを試しに次に内容はどうかという問いが少なくありません。

せっかく内容は分かっていても、主語を勘違いしていたために間違えてしまう。
そんな惜しいミスをなくしていくためにも、敬語の勉強は重要になってきます。

敬語を表す古文単語も数は多ありません。
意味と同時並行で、この単語は尊敬語・謙譲語・丁寧語のどれにあたるのかも覚えてしまいましょう。

おすすめの古文文法参考書&問題集

古典文法講義の実況中継

古文文法の基礎を1から勉強したいという初学者向けの参考書。
解説がかなり丁寧であるため独学も可能で、高校1年の内容から勉強することができます。

また、2冊構成で文法事項全体をカバーしているので、辞書のように活用してみてもいいですね。
自分の核となる文法書を持っていない人は持っていれば重宝するはず。

最初から古文文法を復習したい、授業の内容についていけないという人におすすめな参考書です。

ステップアップノート30古典文法基礎ドリル

古文文法を学習して、基礎的な問題から演習を始めたいという人向けの参考書。
難易度は易しめのものが多いので、授業の復習や受験に向けての総復習にピッタリです。
繰り返し解いていけば古文文法の基礎は完璧になるはず。

ただし、説明がかんたんに済まされている部分があるので、文法の知識がある程度ないと少しわかりにくいかもしれません。
ですが、大事な文法事項はコンパクトにまとまっていて、分量も適切なため、サラッと復習したいときに活躍してくれます。

古文文法の復習や自分の今の基礎力を試してみたいという人におすすめの1冊!

ステップアップノート30古典文法トレーニング

ある程度、古文文法を学習してきてより実戦に近い問題演習をしたいという人向けの参考書。
センター試験などの過去問に取り組む前にやっておくとより効果的です。

難しい問題もありますが解説は丁寧にされているので、独学でも無理なく進められます。

古文文法の基礎力がついてきて、これから応用力をつけていきたいという人におすすめな1冊!

古文の勉強法やおすすめ参考書・問題集については下の記事で詳しく紹介しています

おすすめの古文読解勉強法

古文読解の勉強を進めていくには、単語や文法の知識が必須です。
単語や文法にまだ自信のない人はまずそちらに力をいれましょう。

読解の勉強は今までの勉強の総合力が問われるので、あいまいな分野を見つけたらそのつど復習もしていきましょう。

誰が主語なのかを必ず確認

古文では頻繁に主語が省略されていきます。
そのため、出題者は主語が分かっているかを問うような問題を出してくることが多い。

古文を読むときは、動詞がでてくるたびに誰の行動なのかを確認するクセをつけるといいです。
また、敬語は主語を確かめていくうえで大事な情報なので、しっかり活用していきましょう。

分からない文は品詞分解をして復習

古文を読んでいると、意味がうまく取れない文が必ず出てくるはず。
そんなときは復習のときに、分からない文を品詞分解してみましょう。

例を出すとこんな感じ。

男/も/す/なる/日記/と/いう/もの/
を、女/も/し/て/み/む/と/て/する/なり

品詞分解ができたら、助動詞はどんな意味で使われているかなどを確認していけば意味が分かってくるはずです。
文法の復習にもかなり効果的なので余裕があればぜひやってみてください。

また、現代語訳の問題でも品詞分解はかなり役に立ちます。
今まで感覚で訳をしてきた人は現代語訳では品詞分解をして解くという習慣をつけていってくださいね。

音読をする

古文も英語のように文章を音読してみるのがおすすめです。

古文は普段から読み慣れていない分、どうしても1文1文立ち止まって読んでしまうことが多いですよね。
ですが、センター試験などでは時間との勝負になってくるので、読むスピードをあげるのも大切になってきます。
それなので、音読を通して古文を古文のまま理解できるように練習していきましょう。

慣れてきたら音読のときに、助動詞などの文法も意識できれば一石二鳥ですね。
最初の段階ではあまり欲張りすぎずに、古文に慣れるくらい気持ちで音読をやってみてください!

おすすめの古文読解参考書

古文上達 基礎編 読解と演習45

単語と文法を一通り勉強して、これから読解の勉強を始めたいという人向けの参考書。

文章は短めのものが多いので、古文に慣れていきながら進められます。
また、読解で重要な文法の解説もしてくれているので、実戦的な文法も学ぶことが可能。

問題数は少し多いですが、1冊しっかりこなせば、古文に対する苦手意識もなくなるはず。古文への苦手意識が強い人や読解の勉強をスタートさせたい人におすすめの1冊!

中堅私大古文演習

基礎的な読解問題を終えてもう少し応用力をつけたいという人向けの参考書。
「中堅私大」とありますが、基礎よりもっと力をつけたい人にピッタリです。

基礎問題よりも文章長く、もう少し難しい問題にチャレンジしたいという人におすすめの1冊!

得点奪取古文

国立2次試験や私大入試での記述問題の対策をしたい人向けの参考書。

問題自体は難しいですが、解説や記述の書き方まで丁寧に解説してくれています。
これから記述対策をしたいという人でも十分すすめられるはず。
志望校の過去問を解く前にやっておくと、実戦の感覚が養うことができていいですね。

これから古文の記述対策を始めたい、記述問題を多くこなしたいという人におすすめの1冊!

古文読解の勉強法については下の記事もチェック!

おすすめの古典常識勉強法

古文は今よりも何百年も前に書かれた文章。
そのため、今では考えられないような常識を前提に文章は書かれています。

文章が書かれた当時の習慣や常識を知らないと、読んでいても「なんで?」と思うようなことがたくさんなんてことも・・・
それなので、当時の習慣や常識である「古文常識」というものもある程度知らなければなりません。

実際に問題でも古文常識をきいているものや、古文常識が答えを出す助けになる問題が出されています。
あまり時間をかけ過ぎるのもよくないですが、基本的なことはしっかりと学習していきましょう。

資料集の写真や絵をチェックする

高校で古典に関する資料集を使っている人が多いのではないでしょうか。
その資料集にのっている写真や絵を眺めるだけでも古文常識の勉強になります。

当時の人々の服装や住居、町並みなど頭の中にイメージがあれば文章も読み安くなるはず。

暇なときに見ているだけでも違ってくるので、時間があるときに資料集をチェックしてみてください。

参考書で勉強

古文常識も専用の参考書があります。
ただし、単語や文法みたくがっつりやるのではなく、本を読むみたく気楽な気持ちで取り組んでみてください。

おそらく、意気込んで覚えようとするとかなり退屈なので、「へーそうなんだ」くらいの気持ちで勉強するのがベストです。

おすすめの古典常識参考書

マドンナ古文常識217

入試で問われたことのある古文常識を網羅している参考書。
分量が多いので、読み進めていくというよりは辞書のように使うのがおすすめ。

説明は丁寧で分かりやすく、イラストもついていて無理なく読み進められます。

情報量の多い古文常識の参考書を1冊もっておきたいという人におすすめの1冊!

源氏で分かる古典常識

源氏物語を題材にして古典常識を学んでいく参考書。
マンガで説明されているので、視覚でも覚えられ、読むのにストレスを感じないためおすすめ。

紹介されている古文常識もおさえておくべきものばかりなので、最低限の知識はカバーできます。

あまり古文常識の勉強に時間をかけたくないという人におすすめの1冊!

古文の苦手はスタディサプリで克服

実は古文が苦手という受験生は意外にも多いです。
メイン科目ではない割には暗記量が多く、そこまで多くの時間がかけられないのが原因でしょう。
あとは古文のあの文章に馴染めない人も多いでしょう。

しかし、古文も英語同様で、正しいルールと核心をついた知識を理解すれば、驚くほど暗記量が減ります!

なので、古文は参考書にプラスしてスタディサプリのような動画授業で勉強を進めていくのがとても効率的です!

スタディサプリで古文を担当するのは授業はとても元気ハツラツ!親しみやすいイメージの岡本先生自分がもともと古文が苦手だったこともあり、わからない受験生目線に立った授業は人気爆発!
スタディサプリでは本当にわかりやすい授業を展開してくれます。

このように現代文、古文の苦手はスタディサプリ でピンポイント撃破することが可能です。
今すぐ、登録しましょう!




受験生が活用すべきおすすめサービス3選

▼スマホで1分受験勉強!
スタディサプリ

▼図書カード1000円分全員もらえる!
スタディサプリ大学パンフ資料請求

▼高校生も勉強の合間にめっちゃ稼げる!
Pococha

楽しく毎日10時間勉強して自然と偏差値を爆上げする方法



・すぐ勉強に飽きてしまう
・受験勉強がつまらなくてしょうがない
・ついついゲームやテレビを優先してしまう
・E判定からの逆転合格を狙っている
・1日10時間以上勉強ができない
・やる気はあるけど行動に移せない
・いくら勉強しても偏差値が上がらない


こんな悩みを抱えていませんか?
これらの悩みを解決するために「楽しく毎日10時間勉強して自然と偏差値を爆上げする方法」題して「Enjoy Study Method」を無料で配布しています。

高学歴な学生ライターを率いる当メディアの叡智を結集した2万文字にも及ぶ限定コンテンツです。

LINE@にご登録いただければすぐに無料で閲覧することができます。ぜひ、今すぐ登録してください!