仮面浪人のメリット・デメリットをまとめてみた

けーたです。今日は私も実際に体験した仮面浪人の

メリットとデメリットについてお話していきます。

 

最近、理由はわからないですが仮面浪人という選択肢を選ぶ人が多いように感じます(・ω・)ノ

しかし仮面浪人をするのならそのメリット・デメリットをしっかり把握してからおこないましょう!

 

ではタイプ別にメリット・デメリットをまとめます。

大学通いながら受験する系仮面浪人

メリット

・単位をしっかり取れていれば受験に失敗しても2年生に上がれる

・友達を作れば孤独感はない

・大学の勉強が受験に役に立つこともある

 

デメリット

・まわりの環境に流されやすい

・大学の授業と受験勉強の両立が大変

 

これは私と一緒のタイプですね。最大のメリットは単位をしっかり取れていれば受験に失敗しても2年生に上がることができるということですが、同時にまわりの大学生の楽しい雰囲気に流されやすいというのが現状です。

 

このタイプで受験を決意した人の10人に7人は実際に受験をする前に挫折するとも言われています。

 

ですので、このタイプで受験する人は自分の中にしっかりとした勉強のマインドが確立していないと成功は難しいでしょう。

 

しかし私が最も応援したいタイプの人であることも事実です。

勉強のマインドに不安を抱えている人はこの記事も見てください。

「苦もなく1日10時間集中して勉強する方法」

 

大学全く通わない系仮面浪人

 

メリット

・勉強に集中できる

・落ちても行く大学があるという安心感

 

デメリット

・かなりお金がかかる

・もし次の年に仮面浪人している大学に通うことになると新入生ではなく1留年生の扱いになる

 

こっちのパターンで仮面浪人する人が多いと思います。勉強に集中できるというのが一番

のメリットですが、大学に籍を置きながら予備校に通うのはかなりお金がかかります。

 

しかも、もし次の年に仮面浪人している大学に通うことになると新入生ではなく1留年

の扱いになるので、いろいろとめんどくさい事が増えるとおもいます。

 

個人的にはこれをやるなら、普通に浪人した方がいいかと思います。

 

まとめ

 

私自身、仮面浪人を経験していますが

(詳しいプロフィールはこちら)

仮面浪人成功者の逆転合格エピソードを語ってみた

 

正直にいって仮面浪人を否定はしませんがおススメもしません。

自分自身を強く持つことと、あとは周りの環境に左右されます。

 

それをわかったうえで

仮面浪人を決意された方は応援します!

 

頑張ってください!

関連記事

[blogcard url=”https://kisekinobenkyouhou.com/kamenrouninseikou/”]

楽しく毎日10時間勉強して自然と偏差値を爆上げする方法



・すぐ勉強に飽きてしまう
・受験勉強がつまらなくてしょうがない
・ついついゲームやテレビを優先してしまう
・E判定からの逆転合格を狙っている
・1日10時間以上勉強ができない
・やる気はあるけど行動に移せない
・いくら勉強しても偏差値が上がらない


こんな悩みを抱えていませんか?
これらの悩みを解決するために「楽しく毎日10時間勉強して自然と偏差値を爆上げする方法」題して「Enjoy Study Method」を無料で配布しています。

高学歴な学生ライターを率いる当メディアの叡智を結集した2万文字にも及ぶ限定コンテンツです。

LINE@にご登録いただければすぐに無料で閲覧することができます。ぜひ、今すぐ登録してください!