現代文のおすすめ参考書15選!センターから難関大まで

受験生が活用すべきおすすめサービス3選

▼スマホで1分受験勉強!
スタディサプリ

▼図書カード1000円分全員もらえる!
スタディサプリ大学パンフ資料請求

▼高校生も勉強の合間にめっちゃ稼げる!
Pococha

この記事を書いた人
4363975941826
執筆者:レンタ

早稲田大学文学部1年

ブログ:レンタメ

今回は現代文の勉強に役立つオススメ参考書をお教えします。

「現代文は勉強しても点数が伸びない」という人はたくさんいますがそれは間違い。

良い参考書を使って丁寧に勉強していけば独学でも現代文の点数は伸びます。
実際に僕は塾に通わずに参考書学習をしてセンターでは195点を取ることができました!
僕が意識していたノウハウも交えながら紹介します。

今なら誰でも1000円もらえるキャンペーン中!

スタディサプリから大学・専門学校の資料請求を使うと無料で1000円分の図書カードがもらえます!
こんなチャンス中々ないので、受験生は急いで!!

現代文参考書の基本的な使い方

解き方のコツを教えてくれるタイプの参考書の使い方

とにかく読んでください!本当にそれだけです(笑)

解き方の解説をしてくれるタイプの参考書は、根幹となる知識を養うためのものなので、何度も(最低三回)繰り返しましょう。とにかく読み込んでください!

問題演習の参考書の使い方

現代文の問題演習の参考書は繰り返し解く必要はありません。
現代文は、1つの問題が完璧に解けるようになったら、他の問題もできるようになる様な科目ではないからです。

しかし、そうだからと言って、全く復習しないのは勿体無い。
解いてからしばらくたった問題をもう一度見て、自分がどのようなプロセスでその問題を解いたのか思い出してみてください。
その時は紙に書いたりせず、さらっと思い出すだけでいいです。
大事なのはその問題を解いたこと自体ではなく、問題を解くためのアプローチを身につけること。

また、問題を解いた後の答えあわせの時間は多めにとりましょう!
現代文の問題演習においては解答の時間よりも答えあわせの時間が大切だと言っても過言ではありません。

現代文の解法のテクニック

文章と問題どちらを先に読むべきかという問題がありますが、結論を言うとどちらでもいいです。
自分が好きな解き方で解いてみてください。
僕の場合は問題に関係する傍線部より1、2行先まで読んだら一問解くという繰り返しでやってました。
毎回同じ解き方で解いていけば、問題はありません。自分の解きやすい解答方法を自分の中に定着させましょう。
そしてもう1つ!問題を解く場合は線を引くことを忘れないでください。
ここ重要だなと思った箇所に引いておきましょう。二項対立の文章をわかりやすくする効果もあります。
参考書が汚れるのが嫌な方は問題をコピーしましょう!

漢字、語彙、背景知識の参考書

漢字、語彙の問題は最初に解くことが多いのでその後の解答に精神的に影響するので絶対に落としたくない問題です。
点数に差がつきにくい問題ですが逆に落としてしまうと合格が遠ざかるのでしっかりと詰めておきましょう。

漢字ゴロゴ

最初に紹介するのは板野博行さん著の「漢字ゴロゴ」。
板野博行さんは古文単語の「ゴロゴ」シリーズの著者でもあり、受験国語界ではかなり有名な方です。

漢字ゴロゴの特徴は

  • 漢字が入試に出やすい順に掲載されていること
  • 掲載語数が多いこと
  • センター漢字の章がある

です。

他の参考書よりもより受験向きであり、点数に直結しやすいということなんです。
漢字を一から勉強するって人にもオススメ。

落としてしまうと致命傷だけどあんまり時間をかけて勉強するものでもないっていうのが漢字勉強のネック。
効率よく勉強しなきゃいけません。

とりあえずこの参考書を一周しましょう。
一周目で正解した問題はもう捨てていいです。
二周目からは間違えた問題だけやっていき正解した問題は捨てていくという勉強の繰り返しです。

入試漢字マスター1800+

二つ目は河合塾の「入試漢字マスター1800+」。
掲載語数は1800語、熟語などに丁寧に意味が記載されているのがいいところ。

クセのない無難な参考書が好きな方にオススメです。
無難というのは別に悪いというわけじゃなく目立った特徴がないだけでとてもよくまとめられた参考書です!

勉強法は漢字ゴロゴの所で説明した方法で、わからない漢字をなくしていきましょう。

読解を深める現代文単語<評論・小説>

続いて語彙の参考書をご紹介です。
僕はこの「読解を深める現代文」を使ってました。

この参考書はとにかく1つ1つの語句の説明が濃い!
その語とからめて現代文に必要な背景知識もまとめてくれているので一石二鳥です。
特に一章の「現代文読解に必須の10語」はめちゃくちゃ詳しい。しつこいほどです笑

2章にはテーマ別の重要語がまとめられていて勉強しやすいです。
3、4章までありますがマニアックすぎるものも入っているので、少し見ておくくらいでいいと思います。

勉強法は漢字同様に時間をかけすぎてもいけないので、あくまで隙間時間を使って勉強するべきです。
とりあえず1章は完璧に、2章はしっかり、3、4章は参考までにって感じがベストですよ!

現代文キーワード読解

精選した現代文の頻出キーワード160語をテーマ別にまとめて、小説の重要語も50語に厳選してくれています。
テーマ解説によってより実践的に学べる参考書です。

解き方のコツを学ぶのにおすすめな現代文参考書

出口汪 現代文講義の実況中継シリーズ

現代文の解き方メソッド本としてはこれが一番。
有名参考書シリーズ「実況中継」の中の一つであり、現代文の神様とも言われる出口汪さんの著書です。

現代文の解き方を論理的に丁寧に解説してくれている良書です!
3冊あって分量が多いので二次試験に現代文がある方にオススメ。

出口さんの著書は特に現代文が苦手だという方に特にオススメ!
「現代文はセンスだ!」を打ち崩してくれる参考書だと思います。

これは「実況中継」シリーズに共通した特徴ですが「読み物」としての側面が強いです。
なのでこの3冊をやっただけではもちろんダメ。
これに書かれた内容を理解した上で問題演習をして解き方を自分のものにしていかなきゃいけません。

出口のシステム現代文シリーズ

これも出口さんの著書。

実況中継と同じように現代文のメソッドについて書かれていますがこちらは実戦問題が多めです。

対象とする分野ごとに分かれているのが特徴で「バイブル編」、「私大対策編」、「論述・記述編」などなど志望校によって使うものを選びやすいのがいいところです。

現代文を読む上での辞書のような扱いとして何度も見返しましょう。

船口のゼロから読み解く最強の現代文

この参考書は実況中継と似た感じですがだいぶ難易度が低いです。
センターまで、もしくは私大専門の人向けです。

スタディサプリ

スタディサプリ 月額980円(2週間は無料で使い放題)で予備校と同レベルの授業を受けられる超お得なサービスです。

  • 会員登録は3分で終了
  • 2週間は無料でお試し使いたい放題
  • 会員登録後、すぐに動画授業を受けられる
  • 好きな科目の好きな授業だけ受けられる

個人的には現代文は参考書よりは授業形式で勉強することを強くおすすめします。
参考書で独学するメリットは、短い時間で多くの情報をインプットできるところにあります。
例えば、日本史の近代史を勉強しようと考えた時に、全てを授業で暗記しようとすると、莫大な時間がかかってしまいますが、参考書で暗記を進めれば、大幅に時間を短縮できます。

逆に授業のメリットは理解促進にあります。単純な話ですが、文字だけで説明されるよりも、先生が黒板を使いながら、授業形式教えてくれたほうが、わかりやすいに決まっています。

少し話はそれましたが、何が言いたいかというと、 現代文は暗記よりも正しく理解することがとても重要なので、授業形式で勉強するほうが効率が良いということです。

さらにスタディサプリの現代文は、Z会東大進学教室でも授業をされていた小柴先生が担当しています。
板書では色分けされた教材を貼り付けて、視覚的に解りやすい工夫がされていて「スッ」と頭に入ってきます。喋り方も独特で本当に面白い授業を展開してくれます。

本当に現代文の苦手を克服したいなら、今すぐ無料登録してみましょう!

 

 

おすすめ現代文問題集

入試現代文のアクセスシリーズ

現代文問題集として有名なのが「入試現代文のアクセス」シリーズです。

丁寧な設問解説が魅力的です。本文解説もしっかりしていてGOOD!

基礎編はかなり簡単。1冊目としてはいいと思います。

発展編もそこまで難しいものではないです。ここから始めるのも全然あり。
MARCHレベル志望の人は発展編までをしっかりおさえましょう。

完成編は結構レベルが高い問題ばかりです。早慶、上智、国公立が第一志望の人は完成編までしっかり抑えておきましょう!

現代文のトレーニングシリーズ

Z会の問題集。

全体的に国公立受験者向けの参考書です。

入門編→必修編→記述編としっかりやれば国公立の現代文でも十分に戦える力がつきます。

入門編は現代文が苦手じゃなければ飛ばしても大丈夫です。

得点奪取現代文シリーズ

記述の基本を身につけるのにいい参考書です。
解説も充実してて、採点基準も明確で独学がしやすいです!
中堅私大だとこれ一冊で現代文の対策はほぼ充分です。

上級現代文シリーズ

「得点奪取現代文」よりも一歩踏み込んだ難しい参考書。
難関国公立の現代文対策にはオススメの1冊です。
解説・解答、解答の作り方まで詳しく載っているので素晴らしい。

入試精選問題集 現代文

内容的に過去問に入る前の肩慣らしにちょうどいい参考書です。
私立・国立どちらを対象にしているかあまり明確ではないのでどちらも取り組むむべき問題集ですね。

現代文と格闘する

結構難しい参考書です。
現代文が得意な人がさらに得点源にする、センター8割くらいの実力から底上げするためのものです。
ルートとしては同じ河合塾の現代文へのアクセスからの移行がいいと思います。

赤本

受験直前にはやっぱり赤本を攻略することが最大の鍵になります。

いかに自分の志望校の傾向を把握するか。

一問一問じっくり解いていけば確実に志望校に対応する力がつきます。
最初は時間を気にせずじっくりと解き、直前期には時間を意識して素早く解くという二段階の解きかたをするのがオススメです。

センター試験におすすめな現代文参考書

きめる!センター現代文

センター現代文で全然点が取れない!国語苦手だけどセンターだけは受けなきゃいけない!って人にオススメなのが「きめる!センター現代文」です。

これだけでかなり点数が上がると思います!

センター試験の過去問

センター試験に慣れるには、やっぱり過去問を演習しましょう!
赤本と黒本がありますが、黒本のほうが解説は詳しいです。しかし、黒本の解説の内容が難しいっていう印象を持つ人もいるかも。
赤本、黒本どちらでも気に入った方を買えば大丈夫です。

センターの過去問題演習のやり方で気をつけるべきことは以下の2つです。

  • 8割の期間で解くこと
  • 解く順番、時間配分を決めておくこと

8割の時間で問題演習しておけば、本番の試験で余裕ができるようになりますし、解くスピードも上がります。
残った時間を見直しの時間に充てられるようになれば現代文の点数が安定します。

次は解く順番についてです。
あくまで小説、評論、古文、漢文あわせて高得点を取らなきゃ意味がありません。

オススメの解く順番は「漢文→古文→小説→評論」です。
結局は好みの問題ですが先に時間のかからない古典から終わらせる方がいいと思います。
時間配分は「古文=小説=評論>漢文」がベスト。
僕は漢文12分、古文17分、小説17分、評論20分で解いてました。すごい微妙ですね笑
とにかく10分は時間を残して終えたいですね。

センター現代文の勉強法については、下の記事でさらに詳しく紹介しています。

現代文はスタディサプリで解決

現代文の勉強は英単語や社会科目のように暗記でなんとかなるものではありません。正しい知識をしっかりと理解しなければ、いくら勉強しても得点できるようになりません。なので、初めは特に授業での理解が必須です。
逆に質の高い授業で基礎をしっかりと固めれれば、最速で現代文を攻略することが可能です!

ただ、予備校に通うとなると、手続きもめんどくさいですし、「現代文の授業だけを受けたい!」というようなピンポイントな学習は不可能です。
それに、あなたも手続きなんかに無駄な時間をとられたくないですよね?

それに比べて、スタディサプリ 月額980円(2週間は無料で使い放題)で予備校と同レベルの授業を受けられる超お得なサービスです。

  • 会員登録は3分で終了
  • 2週間は無料でお試し使いたい放題
  • 会員登録後、すぐに動画授業を受けられる
  • 好きな科目の好きな授業だけ受けられる

さらにスタディサプリの現代文は、Z会東大進学教室でも授業をされていた小柴先生が担当しています。
板書では色分けされた教材を貼り付けて、視覚的に解りやすい工夫がされていて「スッ」と頭に入ってきます。喋り方も独特で本当に面白い授業を展開してくれます。

本当に現代文の苦手を克服したいなら、今すぐ無料登録してみましょう!

 

 

 

受験生が活用すべきおすすめサービス3選

▼スマホで1分受験勉強!
スタディサプリ

▼図書カード1000円分全員もらえる!
スタディサプリ大学パンフ資料請求

▼高校生も勉強の合間にめっちゃ稼げる!
Pococha

楽しく毎日10時間勉強して自然と偏差値を爆上げする方法



・すぐ勉強に飽きてしまう
・受験勉強がつまらなくてしょうがない
・ついついゲームやテレビを優先してしまう
・E判定からの逆転合格を狙っている
・1日10時間以上勉強ができない
・やる気はあるけど行動に移せない
・いくら勉強しても偏差値が上がらない


こんな悩みを抱えていませんか?
これらの悩みを解決するために「楽しく毎日10時間勉強して自然と偏差値を爆上げする方法」題して「Enjoy Study Method」を無料で配布しています。

高学歴な学生ライターを率いる当メディアの叡智を結集した2万文字にも及ぶ限定コンテンツです。

LINE@にご登録いただければすぐに無料で閲覧することができます。ぜひ、今すぐ登録してください!