【必読】大学受験に失敗する人の11の特徴

受験生が活用すべきおすすめサービス3選

▼スマホで1分受験勉強!
スタディサプリ

▼図書カード1000円分全員もらえる!
スタディサプリ大学パンフ資料請求

▼高校生も勉強の合間にめっちゃ稼げる!
Pococha

突然ですが、大学受験で失敗する人ってどんな人だとおもいますか?なんでいきなりそんな縁起の悪い話をするんだよと思うかもしれません。
しかし、気づいてないだけであなたも「受験に失敗する人の特徴」に当てはまっているかもしれませんよ。

ぼくの友人には受験で失敗した人がけっこういました。というのも、ぼくの通っていた高校では、毎年学年の半分弱の人が浪人するから。
それなので、彼らを見ていると、受験で失敗する人はいくつかの共通点があることが分りました。

今回はそんなぼくが実際に見てきた受験で失敗した人たちの特徴を紹介していきます。

ですが、もし当てはまってしまってもそんなに心配する必要はありません。ちゃんと自分の特徴を理解して克服していけばいいんですから。

失敗するパターンを理解すれば、成功への道がきっと見えてくるはずです。
ぜひ、みなさんの志望校合格に役立ててみてください!

今なら誰でも1000円もらえるキャンペーン中!

スタディサプリから大学・専門学校の資料請求を使うと無料で1000円分の図書カードがもらえます!
こんなチャンス中々ないので、受験生は急いで!!

1. 高い目標のわりに努力が足りない人

PAK86_mewokosurinagara20141123140752_TP_V

目標が大きいことはとてもいいことです。自分の実力よりも高い大学を目指して勉強していくのはモチベーションも上がりますよね。

ですが、自分の目標に今の努力は見合っていますか?
大きな目標があっても、実際に達成するための道筋がはっきりしておらず、何となく勉強をしていく・・・

これが「自分にとって高い目標のわりに努力が足りない人」の失敗パターンです。

たとえば、東大を目指している人が、休日の勉強時間が2~3時間だったら合格できるでしょうか。
これは極端な例かもしれません。
ですが、目標に対して努力が足りなかったり、どれくらい勉強すればいいか分かっていない人は案外多いです。

現状のままでいいのか、それとも、もっと努力が必要なのか。
人によっていろいろですが、定期的に目標と自分の実力との距離を見つめ直す必要があります。

今までただ闇雲にがんばっていた人は、これを機会に、目標に対してそれに見合う努力ができているか確認してみましょう。

2.安易に志望校をどんどん下げてしまう人

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-08-19-09-33

「志望校は安易にさげるな!」
受験生の人ならどこかで耳にしている人が多いはず。

志望校を下げてしまうと、どうしてもモチベーションが下がってしまいます。
それに加えて、前の志望校よりも自分の実力に近くなるため、余裕ができて勉強に身が入らなくなっていく・・・

これが「安易に志望校をどんどん下げてしまう人」の失敗パターンです。

少しぼくの友人の話をさせてください。

彼は高校3年の始めのころは一橋大学を目指していました。
ですが、2ヶ月に1回くらいのペースで志望校を下がる一方。
最終的には、滑り止めで受けた大学にしか受からなかったそうです。

彼にとって受験は失敗だったのかは分かりません。
ですが、当初の目標とかけ離れた結果になってしまったことは確かです。

志望校を下げること自体は悪いことではありません。
ただ、志望校を下げるにしても、受験する大学を決める直前まで粘ってほしいです。

国立が目標ならセンターの結果次第で十分に狙えるかもしれません。
私立でも過去問の手ごたえしだいでは、十分合格できる力はあるのかもしれません。

むやみに志望校は下げずに、最終的に受験校を決定するまで、ぜひ目標の大学を貫いてください。

3. 勉強に集中できる環境を作れていない人

popcorn-1433327_1280

どれくらい集中して長時間勉強できるかは環境によるところが大きいです。
多くの人は自宅だとどうしても勉強以外のものに気を取られてしまうのではないでしょうか。
そんな環境で勉強していても、途中でテレビを見てしまったり、マンガを読んでしまったりして集中できない・・・
これが「勉強に集中できる環境を作れていない人」の失敗パターンです。

まわりに誘惑が多い環境だと、どうしてもそっちに気がいってしまいます。
それなので、集中してまとまった時間勉強できる環境に身を置くのはとても大事。

自宅で勉強できないなら、学校や近くの図書館に行きましょう。
スマホが手放せないなら、電源を切るなり、家に置いて出かけるなりしましょう。
友達と長話をしてしまうなら、知り合いがいなさそうな場所に行きましょう。

工夫の仕方はいろいろあるはずです。
自分なりに考えて勉強に集中できる環境を作っていってください。

4. 第一志望への思いが弱い人

「早稲田か慶応どっちかいければいいなぁ〜」こんな人は結局どっちにも合格できません。

自分がどれだけ強烈に合格したいと思えるか。また、そんな魅力的な大学を見つけることができるか。それが受験においては一番重要です。

そこで、ここではそんな魅力的な大学を簡単に見つけることができ、普段の勉強のモチベを爆上げするアイテムを紹介します。

みんな知っているアレです。

そう、大学の資料です。

最近の大学の資料は入学者獲得のためにかなり作り込まれていています。

  • 授業の内容
  • 大学生のリアルな声
  • サークル紹介
  • キャンパス情報

などなど。大学の情報を一番リアルに知れるのが、大学の資料です。
これを読み込んで自分がその大学に行く姿を妄想しましょう!

勉強部屋に飾るのもいいかもしれません。持ち歩いて勉強のモチベーションを上げたい時に読み込むのもいいですね。

資料請求は無料ですし、スタディサプリで申し込みすれば最大で図書カード1000円分をもらえます。

実際にもらった人たちのツイートがこちら
↓↓↓

図書カードもちゃっかりゲットして参考書を買いましょう笑

今すぐ志望校の資料をGETです!

 

\急げ!期間限定で図書カードが無料でもらえる/

 

5.勉強法が定まっていない人

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-27-23-55-02

勉強をしていると、どうしても自分の勉強法に不安をもってしまうのは仕方のないこと。
ですが、そこで何回もころころと勉強法を変えてしまうのはよくありません。

いろいろな勉強法を試した挙句に、どれも中途半端になってしまい身に付かない・・・
これが「勉強法が定まっていない人」の失敗パターンです。

受験勉強を初めたてのころに、いろいろな勉強法を試してみるのはいいことだと思います。
ですが、1度これだと決めた勉強法はよほどのことがない限り変えるべきではありません。

勉強法を変えるのは使っている参考書を変えるのと同じで、成果が出るまで時間がかかります。
すぐに結果でないからといって勉強法を変えるのではなく、続けていくことが大事。

今でも勉強法に不安がるという人は信頼のできる友達や先生に相談してみましょう。
いくつか試してみて、少しでも早く勉強法を確立させてください。

6.最後の1ヶ月をがんばれない人

plush-996216_1280

受験のラスト1ヶ月は体力的にも精神的にもかなりつらい時期。
ですが、逆にこの残り1ヶ月をがんばれるか、がんばれないかで入試の結果は大きく変わってきます。

現役生、浪人生に関わらず、直前期に燃え尽きて勉強に身が入らず本番を迎えてしまう・・・
これが「最後の1ヶ月を頑張れない人」の失敗パターンです。

現役生も浪人生も、今まで積み上げてきたものを総動員してアウトプットをしていくのが最後の1ヶ月。
最後の1ヶ月という時期に、いかにアウトプットの練習ができるかで、本番で力を発揮できるかが決まってきます。

1番大変な時期ですが、ここががんばりどころ。
焦らず、いつも調子で勉強を進められるように残りの1ヶ月を駆け抜けていってください。

7.基礎的な勉強をおろそかにする人

150415341856_TP_V

不安や焦りからか、どうしても難しい問題をやりたいという気持ちは生まれてしまうものです。
ですが、どんな問題でも基礎的なことが身についていなと解けるようになりません。

基礎ができていないで難しい問題に取り組んでも、時間をかけたわりにはあまり理解できないなんてことも。
そして、問題ができないためどんどん焦りだけが増していって本番を迎えてしまう・・・

これが「基礎的な勉強をおろそかにする人」の失敗パターンです。

早く入試レベルの問題を解けるようになりたいと焦る気持ちがあるのはしょうがないこと。
ですが、その焦る気持ちをグッと抑えて、まずは基礎的なことを着実にこなしていきましょう。

今まで基礎をおろそかにしてきてしまった人は、もう一度基本に戻る勇気をもってください。
焦らずにやるべきことをやっていけば、入試問題もきっとじょじょに解けるようになります。

8.問題を解きっぱなしで復習をしない人

write-593333_1280

1題でも多くの問題を解いておきたいという気持ちはすごく分かります。
ですが、 問題数をこなすことを優先にして復習に手を抜くと力は絶対についてはいきません。

たくさん問題を解いていても復習をしてこなかったため、学力が伸び悩んでしまう・・・
これが「問題を解きっぱなしで復習をしない人」の失敗パターンです。

勉強で1番大切なことはできないことをできるようにすること。
それなので、できなかった問題をできるようになるまで復習するのが大切になります。

「ちゃんと復習してるよ」という人でも1回くらいじゃだめですよ。
時間を空けたりして、2回3回と必ず繰り返してできるようになったか確認する必要があります。

今まで復習にあまり力を入れてこなかった人は、復習重視の勉強に切り替えましょう。
案外1回だけの復習で満足してしまう人も多いので、自力で解けるようになるまで繰り返しやってくださいね。

9.いろいろな参考書に手を出してしまう人

books-584999_1280

勉強法と同じように、自分の使っている参考書に不安を覚えてしまう人もきっと多いはず。
ほかの人が使っているものが良く見えたりして、ついつい新しいものに手を出したくなります。

ですが、勉強法と一緒で、あれこれと手を出したが、どれもちゃんとは身に付かず、結局時間をむだにしてしまう・・・
これが「いろいろな参考書に手を出してしまう人」の失敗パターンです。

入試が近づくにつれて、今の参考書でいいのかなと感じる人はきっと少なくありません。
ですが、そんなときこそ今まで使ってきた参考書を信じてあげましょう。
ボロボロになった参考書は入試本番などで自信をくれます。

また、有名なものなら内容にそこまで大差はありません。
参考書の良し悪しで悩む時間を使って、目の前にあるものを完璧にできるように勉強していきましょう。

10. 模試の判定を過度に気にしてしまう人

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-27-23-54-34

模試の判定は受験生はとは切っても切り離せない存在。
気にするなといわれても、どうしても気にしてしまいますよね。

ですが、過度に判定を気にし過ぎて、油断したり、ショックで勉強に身が入らなくてなってしまう・・・
これが「模試の判定を過度に気にしてしまう人」の失敗パターンです。

模試の判定で喜んだり悲しんだりするのは悪いことではありません。
特に良い判定が取れたときは勉強のモチベーションも上がりますよね。
ですが、判定を鵜呑みにして、勉強する時間を減らしてしまったり、志望校をどんどん下げるのはよくありません。

大学に合格する人は模試でいい点数を取れた人ではありません。
実際の入試で合格点を取らなければ受かりませんよね。

模試の判定は参考にする程度にしましょう。
それよりも、できなかった問題の復習や、自分の弱点を見つける手段として模試を活用してくださいね。

11. 体調管理ができていない人

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-08-18-04-14

受験生は自分が思っている以上に体力を使います。
特に秋から入試にかけて、大事な模試が多かったり、併願の私大の入試が始まったりとかなりの体力的、精神的にもハードに。
にもかかわらず、不規則な生活をしたり、風邪の予防をしなかったりで、ベストな状態で本番を迎えられない・・・
これが「体調管理ができていない人」の失敗パターンです。

特に本番直前期では体調管理が最優先。
本番近くに体調を崩してしまうと、それだけで100%の力が出せなくなってしまいます。

ですが、誰しも「自分には関係ない」と少なからず思っているはず。
以前はぼくもそう思っていました。
しかし、身近な友達が体調を崩して、試験を受けられないのを目の当たりにしたのをきっかけに考えが変わりました。

体調管理は小さなことからすぐできるので、普段から気を付けていきましょう。

12. 失敗しても浪人できると考えている人

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-27-23-56-09

受験生の中には「今年失敗しても浪人してまた受けられる」と考えている人もいるかもしれません。
来年もあるという余裕から、いまいち追い込むことができずに、結局入試でうまくいかず・・・
これが「失敗しても浪人できると考えている人」の失敗パターンです。

もちろん、「浪人させてもらえるから、今回の入試は冒険をしたい」という積極的な理由ならいいですね。
ですが、 「今年は無理そうだから来年がんばるか」という理由で浪人を考えないでください。

現役のときに最後までがんばれなかった人は、きっと浪人しても最後までがんばれません。
それなので、逃げの理由で浪人を考えている人は、ぜひ考えを改めてほしいです。

実際にぼくも浪人を経験しましたが、楽しいことなんてほとんどありません。 笑
これを読んでいるみなさんには、受験なんて1年で終わらせてしまうのを強くおすすめします。 笑

あと1年あると考えるのではなく、今回の入試でできるだけ自分の目標に食らいついていってください。
そうすれば、もし浪人することになっても最後までがんばれた経験が助けになってくれるはずです。

【おすすめ】大学の資料請求で勉強モチベを爆上げだ!

数々の勉強モチベーションアップを紹介しましたが、1番のおすすめは資料請求からの大学生活の妄想です笑

先ほども紹介しましたが、最近の大学の資料は入学者獲得のためにかなり作り込まれていています。まるで雑誌みたいに読んでいて楽しいものもあります。

これを読み込んで自分がその大学に行く姿を妄想しましょう!
勉強部屋に飾るのもいいかもしれません。
持ち歩いて勉強のモチベーションを上げたい時に読み込むのもいいですね。

資料請求は無料ですし、スタディサプリで申し込みすれば最大で図書カード1000円分をもらえます。図書カードもちゃっかりゲットして参考書を買いましょう笑

今すぐ志望校の資料をGETです!

 

\急げ!期間限定で図書カードが無料でもらえる/

 

受験生が活用すべきおすすめサービス3選

▼スマホで1分受験勉強!
スタディサプリ

▼図書カード1000円分全員もらえる!
スタディサプリ大学パンフ資料請求

▼高校生も勉強の合間にめっちゃ稼げる!
Pococha

楽しく毎日10時間勉強して自然と偏差値を爆上げする方法



・すぐ勉強に飽きてしまう
・受験勉強がつまらなくてしょうがない
・ついついゲームやテレビを優先してしまう
・E判定からの逆転合格を狙っている
・1日10時間以上勉強ができない
・やる気はあるけど行動に移せない
・いくら勉強しても偏差値が上がらない


こんな悩みを抱えていませんか?
これらの悩みを解決するために「楽しく毎日10時間勉強して自然と偏差値を爆上げする方法」題して「Enjoy Study Method」を無料で配布しています。

高学歴な学生ライターを率いる当メディアの叡智を結集した2万文字にも及ぶ限定コンテンツです。

LINE@にご登録いただければすぐに無料で閲覧することができます。ぜひ、今すぐ登録してください!