文系数学の正しい勉強法と勉強スケジュール

この記事を書いた人

今回は「2次試験や私大受験で数学を使うよー!」という 文系の方向けに文系数学の勉強法や勉強戦略を紹介します!

文系数学の勉強法とは?

まずは勉強法の紹介です。
やはり自分の中である程度やり方が定まっていないと、いろんな勉強法に手を出したりしまうことが多いです。
なにを隠そう、ぼくもその1人だったのですが、結局なにも身に付かずに時間が過ぎていくことがしばしばありました。
なので、最初のうちは勉強法の確立がとっても大事になってきます!

どうやって数学勉を強すればいいんだーという人はぜひ参考にしてください。

苦手な人にかぎってよく「数学は考える科目だから、答えが出るまで自分の頭で考える」という人がいます。
もちろん全然まちがいではないんですが、少なくとも初めの基礎を固める段階でやる勉強ではないですね。

じゃあどう勉強をしていけばいいのか?
やっとここから本題です。

2段階式文系数学勉強法!

文系数学の勉強法は2段階に分けられます。

  • 問題の解き方のパターンを覚えていく勉強
  • 覚えたパターンを使って自分で考えて問題を解いていく勉強

ここで勘違いしてほしくないのは、はじめの解き方を覚えるというのは、「答えを覚える」ことではないということです。
答えだけ覚えても数字が変わったらできませんからね

あくまでも、答えにたどり着くまでのプロセスを覚えましょうということです。
これは文系数学とか関係なく、数学という科目では使える勉強方法です

数学が苦手であったり、これから受験に向けて勉強しようという人は、どんどんこの勉強法で解ける問題をストックしていきましょう

そして、ある程度基礎的な問題が瞬殺できるようになったら次の段階へいきます。
ここでやっと自分で考える勉強をしていきます。

しっかりとインプットしたものを取り出して使えるようにしていくのがここでの目標です。
この段階では入試問題にも立ち向かっていく力はついているはずなので、果敢に挑戦していきましょう。

それではそれぞれの勉強方法を詳しくみていきましょう!

第1段階~解法パターンを叩き込め~

まずは解き方のプロセスを覚える勉強法です。
「実際にどうやってやるんじゃー!」という人も多いと思うので、例を出して説明しますね。

例題

b66d11c774df0ef96f0bc9805718892f

さあ、この問題を見てください。
パッと見てどうやって解くのかわかりますか?

おそらく、初見でこの問題の解法が浮かぶ人は天才です。
きっと、解き方を知らないといくら考えても答えが出ません。

実はこの問題は左の式を「=k」とおくところからスタートさせます。
これは問題を知らないと、「=k」とおこうなんて思いつきませんよね?

こんな風に問題を解くのに必要な手順を覚えていくというのが解法パターンの暗記です。

上の問題も=kという手順さえ覚えておけば、例題は全部解くことができるようになります。
こんな感じでどんどん解ける問題を増やしていのが解法パターンの暗記です。
この勉強法で、いかに解法のパターンを身につけられるかかが文系数学を攻略するポイントになります。

でもなんで、なんでこの勉強方法がいいですかね?
それは、 2次試験などの問題ではいくつかの解法パターンを組み合わせないと解けない問題がほとんどだからです。
1つでも多くの解法パターンを知っていることがまず問題を解くための下地になってきます。

この下地がちゃんとできていないと、直前にいくら問題演習をしても解き方が全くわからず、ただ解説を読むだけになってしまいます。
なので、この段階は1番時間をかけて丁寧取り組んでください!

この第1段階にオススメな参考書も少し紹介します。
まずは基礎的な問題がたくさん載っていて、解説が詳しいものがいいです。

1つ目はぼくも高校生の頃に使っていたチャート式

本の色によって青チャートとか黄チャートとか呼ばれています。
学校の教材でもよく使われいるので持っている人も多いのでは?

おすすめな点は解説のわかりやすさと豊富な問題量!
チャートの問題をⅠAⅡBそれぞれ完璧にできたらもう基礎の力は十分すぎるくらいです。

色は青か黄色がおすすめです。
ぼくは両方使ったのですが、そこまで難易度に差があるわけでありません。分かりやすさ重視で黄色チャートが個人的には好きですね。

チャート式を使った勉強法はこちらの記事が参考になります。

 

しかし、「チャートは問題量多すぎだし、持ち運ぶのも大変だぜ!」こんな風に思う人もいるはずです。
そんなぼくと気が合いそうな人たちにおすすめなのが旺文社の標準問題精講です。

チャートと比べると問題数も少なくだいぶコンパクトな参考書です。
ですが、掲載されている問題は重要なものばかりで、解説もしっかりしているので標準問題精講でも十分に基礎固めは行えます。

入試までの時間が少なかったり、数学にそこまで時間はかけたくない!といった人たちに特におすすめ

時間に余裕があったり、2次試験は数学で勝負をしたいという人はチャート式。
数学にそこまで時間はかけたくないという人は問題精講。
こんな感じで参考書選びの参考にしてください!

上記二つの参考書の解説でも理解が難しい人はスタディサプリ がおすすめです!
授業形式の学習法は時間はかかりますが、理解の促進は参考書よりも断然高いです。
スタディサプリは単元別に細かく授業がわかれているので、自分のわからないところだけをピンポイントで潰していきましょう!
特に数学を担当する山内恵介先生は「数多くの数学アレルギー者の蘇生術に成功」と紹介されているだけあって、授業のわかりやすさは天下一品です。




第2段階~解法パターンを使いこなせ!~

この段階までくれば、模試なんかでもそれなり解ける問題が増えてくるでしょう。
ですが、せっかく覚えた解法パターンのほとんどはきっとまだ使いこなせていません。そして解法パターンを使いこなすにも訓練が必要になってきます。

その訓練こそが自分で考えて解くというアウトプットの勉強になってきます

ここから先は、オススメの参考書を紹介していきます。

志望校の過去問をやる前の前哨戦なので、問題のレベルもなかなか高めの参考書をセレクトしています。
自分の志望校のレベルや問題の傾向なんかを踏まえたうえで、参考書を選んでいきましょう。

ここでは過去問前の演習にピッタリな参考書を紹介していきます。

まずはじめはぼくを合格に導てくれたといっても過言ではない文系数学の良問プラチカ

レベルとしては旧帝国大学や早稲田や慶應などの難関大学の文系数学が対象です。
おすすめポイントはなんといっても、頻出かつ解法パターンを組み合わせて解く問題が厳選されているところです。
その点に加えて、問題集よりも解説集の方が分厚いという超丁寧な解説つきです。

解法パターンの暗記をしっかり終えて、難関大学の文系数学を解けるようになりたいなら、迷わず文系数学の良問プラチカを使いましょう!

こちらの記事にも良問プラチカの詳細を紹介しています!

 

次に紹介するのは河合出版の大学入試数学問題集142です。
数学にそこまで力は入れたくない、志望する大学の数学はそこまで難しくないという人向けの参考書です。

難易度的には文系数学の良問のプラチカよりもやや易しめですが、問題は過去問などで見かけるものが厳選されています
解説も詳しいので1人でも無理なく進められるはずです。

MARCHの文系数学なんかは大学入試数学問題集142でも十分に戦えます!

文系数学のオススメ勉強スケジュール

ここでは受験の1年を通してどういった風に文系数学の勉強を進めていけばいいのかを紹介します。
あくまでもモデルなので、今の自分の実力や数学をどれくらい重視していくかなどで、自分なりにアレンジしていってくださいね

ここでは次の3つの時期に分けて説明していきます

  • 解法パターンを覚えていく基礎固めの段階
  • 解法パターンを使って問題を解いていく段階
  • 過去問を実際に解いていく段階

解法パターンを覚えていく基礎固めの段階

時期としては4月~8月辺りをめどに勉強していってください。

1番基礎となる段階なのでここでさぼったりすると、問題演習の段階で思うように進められなくなります。
気合を入れて頭に解法を叩き込んでいきましょう!

勉強法のところで書いた通り
・5分考えてわからなかったら答えを見る
・納得できたら実際に手を動かして解いてみる
このやり方を徹底して勉強していってくださいね。

覚える解法パターンの量もなかなか多いので定期的にテストなどしてメンテナンスをしていくのもおすすめです。

解法パターンを使って問題を解いていく段階

時期としては8月or9月~11月辺りまでです。

この段階で頭から解法を取り出す練習をします。
やり方としてはすぐに答えを見るのではなく、じっくり考えること
どうしても分からない問題は解法パターンの暗記と同じようにインプットしていってください。

解法パターンの暗記が早めに終わって余裕があるなら8月頃から徐々にスタートさせていくのがいいですね。
でも、9月からでも十分間に合うので、焦らずに勉強をしていきましょう

始める時期はともかく、終わらせる時期が悩みどころです。
なぜなら、国立志望の人はセンター試験の対策も始めなければいけないからです。

これもセンター試験の配点や今の段階でどれくらい取れるかにもよるんでが、少なくとも11月の中旬まではやってほしいところです。
センター試験の勉強に早めにシフトするなら、8月の早い時期から始めるか、センター試験後に過去問演習と平行してやるかなどしてください。

過去問を実際に解いていく段階

時期としてはセンター試験後から入試本番まで。

記述すべきことはちゃんと書いているか、説明はわかりやすいかなど細かいところ気にしながら解いていきましょう。
ただ、自分だけだと分からない部分もあるので、可能なら信頼できる先生に見てもらうなどするなおいいですね。

それと、時間配分や解く順番なども本番を意識して取り組んでください。
精神論的な話になっちゃうのですが、ある程度普段から緊張感をもって問題を解く練習をしないと本番でテンパります。

ぼくも現役のときに私大入試でなめてかかったら、わからなさ過ぎて頭が真っ白になったという、つらい過去があります。
なので、わからない問題が出てきても冷静でいられるように気持ちの準備もここでしてください。

分からなかった問題は解法パターンの暗記と同じように手を動かしてインプットも忘れずに。時間に余裕があるのなら、解法パターンに抜けにがないかなどの確認をするなんていうのもおすすめです。

とにかく、過去問には自分の持てる力すべてをぶつけましょう。

文系数学の豆知識

最後に知ってるとちょっと得する文系数学の豆知識をお伝えします。

文系数学は範囲がⅠAⅡBと理系数学に比べて範囲が少なめです。そのせいかはどうかは定かではありませんが、 理系の数学に比べて文系数学は計算がえげつないことが多いです。
この答え絶対間違えてるわ~といったものが正解であることも少なくありません。

なので、文系数学をやっていくみなさんはそういったいやがらせに負けない強靭な計算力をつけていってください
特に私大の数学なんかはこの傾向が強いです。
分母分子が2桁の数の3乗の連発とか平気でやってきます。気を付けましょう

そのため、上記の勉強に加えて計算練習なんかもちょこっとやっているといいことがあるかもしれません。

スタディサプリで数学の苦手を克服

そもそも、数学の勉強は英単語や社会科目のように暗記でなんとかなるものではありません
正しい知識をしっかりと理解しなければ、いくら時間をかけても無駄に終わってしまいます。
なので、数学が苦手な人は、特に授業での理解が必須です。
逆に質の高い授業で基礎をしっかりと固めれれば、最速で数学を攻略することが可能です!

ただ、予備校に通うとなると、手続きもめんどくさいですし、「積分の授業だけを受けたい!」というようなピンポイントな学習は不可能です。
それに、あなたも手続きなんかに無駄な時間をとられたくないですよね?

それに比べて、スタディサプリは月額980円(2週間は無料で使い放題)で予備校と同レベルの授業を受けられる超お得なサービスです。

  • 会員登録は3分で終了
  • 2週間は無料でお試し使いたい放題
  • 会員登録後、すぐに動画授業を受けられる
  • 好きな単元(平面図形、微積、確率など)の授業だけ受けられる

さらにスタディサプリ の数学は、数多くの数学アレルギー者の蘇生術に成功したと言われている山内先生面白い独特のリズムで授業を展開する堺先生が担当しています。

本当に数学の苦手を克服したいなら、今すぐ無料登録してみましょう!




楽しく毎日10時間勉強して自然と偏差値を爆上げする方法



・すぐ勉強に飽きてしまう
・受験勉強がつまらなくてしょうがない
・ついついゲームやテレビを優先してしまう
・E判定からの逆転合格を狙っている
・1日10時間以上勉強ができない
・やる気はあるけど行動に移せない
・いくら勉強しても偏差値が上がらない


こんな悩みを抱えていませんか?
これらの悩みを解決するために「楽しく毎日10時間勉強して自然と偏差値を爆上げする方法」題して「Enjoy Study Method」を無料で配布しています。

高学歴な学生ライターを率いる当メディアの叡智を結集した2万文字にも及ぶ限定コンテンツです。

LINE@にご登録いただければすぐに無料で閲覧することができます。ぜひ、今すぐ登録してください!